読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 泉鳴巳さん『琥珀色のレミニセンス』 《2017年02月02日より》

KDP新刊情報

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 泉鳴巳さん(@Narumiluminous)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

書き下ろし中編「琥珀色のレミニセンス」ほか全十篇を収録しました。
表題作は大学生が主人公の日常ファンタジー(?)となっております。

Kindle以外の各ストアでも同時発売です。ぜひ立ち読みだけでも御覧下さい!

琥珀色のレミニセンス

琥珀色のレミニセンス

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

――久遠の命よりも、一瞬の煌きのほうが美しい……私はそう思う。

受験戦争を乗り越え、晴れて大学生となった僕。
サークルに入らず、アルバイトもしていない僕は、そのあまりの暇さに時間を持て余していた。
そんなある日、暇潰しでサイクリングに出掛けた先で、小さなお店を見つけるのだが……。

表題作「琥珀色のレミニセンス」を含む全十篇を収録。


<収録内容>
01.琥珀色のレミニセンス
02.スヰート・サマーの予感を胸に
03.僕がユーレイになったワケ
04.サイレント・ガール、ロンリー・ボーイ
05.背徳のガニュメデス
06.誓い
07.ミスター・ノーネーム
08.卯の花腐し
09.時間旅行者は機械馬で夢を見る
10.世界一のおべんとう

文字数:約55,000字

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら

KDP無料キャンペーン情報 月野玉子さん『ショートショートの静寂 1 (たまご文庫)』 《2017年02月04日より》

KDP無料キャンペーン情報

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 月野玉子さん(@ogamatoniku_t)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

ショートショートの静寂1」の無料キャンペーンを開始します。

SF系のショートショートを集めた、アッという間に読める小説です。

興味ある方は、ぜひお手にとってみてくださいね。

ショートショートの静寂 1 (たまご文庫)

ショートショートの静寂 1 (たまご文庫)

価格99 円 → 0 円
期間2017年02月04日〜2017年02月05日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

絵本に出てきたオオカミ男。
昼間は普通の男だが、夜になるとオオカミに変身する怖いやつだと知った子供は、もしも母親が襲われていたときには助けてあげるからね、と約束をするが...(「オオカミ男」)。

他にも神様が願い事を叶えたり、宇宙人たちが登場したりなど、
エンタメを濃縮したショートショートの数々が収録!!

ちょっとした時間で読めるので、 読書が苦手な方にもおすすめ!


[収録タイトル]
オオカミ男/恋愛の神様/最強の兵器/多機能/親切心/少年と妖精/ホイホイ/ぼくたちは素直になれない
計8編を収録!

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。

KDP新刊情報 月野玉子さん『ショートショートの静寂 3 (たまご文庫)』 《2017年02月04日より》

KDP新刊情報

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 月野玉子さん(@ogamatoniku_t)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

ショートショートの静寂3」が登場!
今回もSFを中心とした、ショートショートの数々が収録!!

アッという間に読めるので、 読書が苦手な方にもおすすめです。

ぜひ、お手にとってみてください。

ショートショートの静寂 3 (たまご文庫)

ショートショートの静寂 3 (たまご文庫)

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

地球からやってきたトレジャーハンターの男。
桃色の美しい星を見つけて、いざその星へと降りてみるが、貴重な資源はなにもなかった。
代わりにあったのは、とても美味しそうな匂いがする果実であり...(「果実」)。

他にも博士の不思議な発明品や、悪魔が登場したりなど、
エンタメを濃縮したショートショートの数々が収録!!

ちょっとした時間で読めるので、 読書が苦手な方にもおすすめ!


[収録タイトル]
悲劇/世紀の大発明/心中/果実/黄金の星/皺/妖怪/主婦の生活
計8編を収録!

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら

KDP無料キャンペーン情報 中尾勇太さん『芸術の時間』 《2017年02月03日より》

KDP無料キャンペーン情報

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 中尾勇太さん(@nakao_yuta)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

芸術家のエヌ氏が怪しい男から小瓶を受け取ることから始まる物語です。短編ですよー\(^o^)/

芸術の時間

芸術の時間

価格100 円 → 0 円
期間2017年02月03日〜2017年02月08日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

エヌ氏は若い芸術家だった。
エヌ氏はとても才能があり、小さい頃から素晴らしい作品を次々と生み出していた。
しかし、自分の中にあるアイディアを全て形にする前に、自分が死んでしまったらどうしようとエヌ氏は不安を抱いていた。
「どうして一日はこんなに短いのだ。どうして一日は二十四時間なんだ。全然時間が足りない。私の人生には時間が足りなさすぎる。」
不安に駆り立てられるように、エヌ氏は毎日必死に作品を作り続けた。
そんなエヌ氏のもとに、小瓶を持った男が現れた。

3377文字

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。

KDP無料キャンペーン情報 初瀬明生さん『無名の聖域: vulger sanctuary』 《2017年01月30日より》

KDP無料キャンペーン情報

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 初瀬明生さん(@9_meiousei)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

魔法が出てくるミステリーです。舞台はアラサール地方を領地とするリムルント。そこで数年前から猟奇的な殺人事件が起きました。

被害者は全て、頭の四分の一がきれいに切られるという奇っ怪な事件です。

魔法だけでなく、歴史や宗教、文化などが絡み合うファンタジーミステリーです。


無料キャンペーンのこの機会にぜひダウンロードを!

無名の聖域: vulger sanctuary

無名の聖域: vulger sanctuary

価格420 円 → 0 円
期間2017年01月30日〜2017年02月01日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

城塞都市スラゴルシアが治める領地に立つ町、リムルント。ここでは猟奇的な殺人が五年前から続いている。

被害者は全員、頭の四分の一をきっかり切られて絶命しているのだ。

この事件を調査する私兵のステッド=オルセインは、領主のクラマン=ノーラスに頼まれ事件を詳しく調査することになる。
そして月日を経て、その殺人鬼と遭遇する。白子であり、奇妙な鎧や装備をした彼に恐怖を覚えながらも事件解決に奮起するが……。

宗教、歴史、魔法、文化。全てが複雑に絡み合うファンタジーミステリー。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。

KDP無料キャンペーン情報 尾川 漱間さん『真夏の北海道旅行』 《2017年01月29日より》

KDP無料キャンペーン情報

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 尾川漱間さん(@ogawa_soken)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

初めまして、この世界に入ったばかりの新参者、尾川漱間です。

このたび、『真夏の北海道旅行』の無料キャンペーンを実施させて頂きます。

本書は随筆(エッセイ)としてありますが、体裁は小説の形を取っておりますので、小説として読むことも可能です。

よろしければ、一読して頂けると幸いです。

真夏の北海道旅行

真夏の北海道旅行

価格100 円 → 0 円
期間2017年01月29日〜2017年01月31日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

【あらすじ】
「そういう意味づけに流されていくのも好きだけど、たまには自分で意味づけしてみるのも悪くは無い。 無意味だから何もしてはいけないなんて謂(い)われや理屈など存在しない。元々が全て無意味なんだから、無意味だと切りすてることもまた、無意味である。
 そう言うわけで、なんの目的も無いけれど旅行をしてみようと思う」

 どうでもいい理屈から、どうでもいい理由を付けて、観光名所も慰安もしないという、無意味な旅行計画を立てた『私』は、二人旅をするという目的だけを持って、女友達の『夏子』と北海道へ向かった。

 しかし、彼女は普通に観光名所を巡りたいと言うから、途中から観光名所をめぐる彼女のあとを付いていく、という目的で旅行をするようになる。

 本書は、そんないい加減な人間の旅行記録であり、いい加減な思索や哲学を含めた随筆録である。 

【注意】
※ 旅行に行った時期が昔なため、現在とは異なった状況、状態になっている可能性があります。

※ 行った場所は事実であり、会話の内容も出来るだけ思いだして書いておりますが、それらを元に、会話その他の部分に創作要素を含めてもいます。

※ 本作は随筆のつもりで書きましたが、小説と言われても仕方が無い体裁になっています。あらかじめ、ご了承ください。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。