【終了】KDP無料キャンペーン情報 Ryousaku Awanamiさん『奇想短編集 そののちの世界⑥ 段ボール箱の中の人形』 《2015年02月27日より》

やっほー☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

『奇想短編集そののちの世界』のエピソードが、初の無料キャンペーンです。対象は2/15に発売された第六話、『段ボール箱の中の人形』。
各家庭に玩具人形としての自律型AIロボットが行き渡った時代、繭子の人形マイケル・ジュニアが、ある日おかしな言葉を喋り始めた……。

奇想短編集 そののちの世界? 段ボール箱の中の人形

奇想短編集 そののちの世界? 段ボール箱の中の人形

価格99 円 → 0 円
期間2015年02月27日〜2015年03月02日

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

人類はいったいどこまで行ってしまうのか……?
どんなに奇想天外な未来でも、明日にも起こり得るのではないかと変に納得してしまうことの恐ろしさ。
科学と文明の過剰な発達がもたらすかもしれない様々な「そののちの世界」の出来事を、SFタッチで、ダークなタッチで、またはユーモラスに描いた短編集です。

第六話の本作は、『段ボール箱の中の人形』

この時代、子供の遊び相手といえば自律型AIを備えた機械仕掛けの人形であった。
我が家でももう十年目になる。毎年、一人娘繭子の誕生日直前に新しいデザインのものが発売されているのだ。毎年発売される最新流行の人形に世界中の子供たち――と、もちろん親たちも――が踊らされて、何十年になるだろう。

"たった一年前の型でも、中古品がネットで売買されているのを見た記憶もない。恐らくは分解されて部品取りされ、電子部品だけがどこか西欧にでも輸出されるのだ……"

"自律AIとしてでなく情報検索端末として考えるなら、人形はただのインターフェイスに過ぎない……"

"最初に繭子に与えた人形は、ろくに喋ることすらできなかった。俺たちが人形を選んだ基準の中で最も大きな点が、それだった……"

"ブブブ、と羽音が耳に入り、俺は足を止めた。空を見上げる。あの妖精型の人形が、一人で飛んでいた。行方を目で追う。裏通り沿いを、まっすぐに飛んでいく。持ち主は? 周囲を見回したが、それらしい人物は視界に入らなかった……"

世界は人形で溢れていた。
そしてある日、繭子の人形がおかしな言葉を喋り出した……。

すぐに読めて、でもずっとどこかに残ってしまう。ちょっと不思議でほろ苦い読書体験が、あなたを待っている!
本シリーズは末尾に5が付く日に最新話が刊行されます。2015年3月25日発売予定の最終話以外は各短編にストーリー上の関連はありませんので、どの回からでもお読みいただけます。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。