読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

【終了】KWL無料キャンペーン情報 淡波亮作さん『夜啼く鳥』 《2015年03月28日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KWLセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

『奇想短編集 そののちの世界』の第一話、『夜啼く鳥』を楽天さんで無料キャンペーンいたします!
どうぞよろしくお願いしますです!
夜啼く鳥

夜啼く鳥

価格99 円 → 0 円
期間2015年03月28日〜2015年03月29日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

人類はいったいどこまで行ってしまうのか……?  どんなに奇想天外な未来でも、明日にも起こり得るのではないかと変に納得してしまうことの恐ろしさ。  科学と文明の過剰な発達がもたらすかもしれない様々な「そののちの世界」の出来事を、SFタッチで、ダークなタッチで、またはユーモラスに描いた短編集の刊行開始です。 第一話の本作は、『夜啼く鳥』 いつもと同じように始まった朝、低い唸り声を発して恭一の目の前を飛び去った二羽のカラスーー。 ごみ捨て場に向かう右手が、急に重くなったような気がした。青い袋に顔を向けると、その上には一羽のカラスが陣取っていた。まるで、この荷物は自分のものだと主張するかのように。 SNSではカラスの話題ばかりが投稿されていた。 <なんで最近のカラスはいつまでも民家の側にいるんだーー> <雀はもちろん、メジロもヒバリもモズも、とんと姿を見せないーー> 一方、家に帰ると、真夜中だというのに娘がベランダでスズメに餌をやっている。なぜ、こんな時間に?? 壊れ始める日常と、非日常がいつの間にか日常になってしまう違和感。そして、更なる非日常の連鎖が、あり得ない出来事を招くーー。 すぐに読めて、でもずっとどこかに残ってしまう。ちょっと不思議でほろ苦い読書体験が、あなたを待っている! 各短編にストーリー上の関連はありませんので、どの回からでもお読みいただけます。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。