【終了】 KDP無料キャンペーン情報 丸木戸サキさん『四月馬鹿』 《2015年03月31日より》

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 丸木戸サキさん(@marquises)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

エイプリルフールということで、4/1を挟んだ48時間、『四月馬鹿』の無料キャンペーンを行います。
ちょっとアダルトな恋愛小説ですが、一般カテゴリの作品です。
でも、苦手な方はご注意ください。
賛否両論の感想をいただいている短編。
この機会にどうぞDLしてみてください。

四月馬鹿

四月馬鹿

価格99 円 → 0 円
期間2015年03月31日〜2015年04月01日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

――心臓は左側にあるから、左側は守らなくちゃいけないんだ――
雀さんは画家。
雀さんはバーテンダーのバイトをしている。
雀さんは左腕にだけ、刺青を入れている。
雀さんが描いたひとつのアート。
また四月がきた。
また四月がくる。
あたしの辿り着く先は――?

大人の女性に捧げる、珠玉の短編ロマンス小説。

【注】性描写があります。苦手な方は購入をお控えください。

――――本文より(冒頭)
 マリア様の唇にキス。弁天様の唇にキス。吉祥天の唇にキス。
 彼の左腕に舌を這わせながら、あたしは目を開けている。順繰りに盛り上がった筋肉をなぞりながら、再び肩に視線を戻す。
 マリア様の閉じた瞼にキス。弁天様の笑った目にキス。吉祥天の柔和な瞳にキス。
 視線をずらすと、傷ひとつない浅黒い肌が目に入る。縋りついた左腕は、赤い炎と青いフェザーで隙間なく埋め尽くされた代物。身体のこの一部だけ分離した、独立したパーツのようだ。これが義手で、日によって、違った文様のそれをつけ変えていると言われても、ちょっと信じてしまいそう。それが雀さんの左腕だった。

――――――
読了にかかる時間 約34分 (500字/分の場合)
文庫本換算 約42ページ(39字×15行)

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。