KDP無料キャンペーン情報 針とらさん『ある文章の告発』 《2015年04月02日より》

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 針とらさん(@Varitra)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

集英社みらい文庫から、『絶望鬼ごっこ とざされた地獄小学校』が発売されましたー!
閉鎖された小学校で命がけ鬼ごっこをする話です。
児童書ですが、大人も楽しめると思うのでよろしければ!

その発売記念に、以下のKDP作品を無料キャンペーンします!
『ある文章の告発』と『オレのバイクは対人恐怖症』。
ある文章の告発は、ひき逃げ犯人を告発する「文章」が主人公っていう異色ミステリ。
オレのバイクは対人恐怖症は、対人恐怖症になったバイクの社会復帰の道を探ろう! っていうヘンテコ青春短編です~。

どうぞよしなに!

『絶望鬼ごっこ とざされた地獄小学校』発売おめでとう☆

絶望鬼ごっこ とざされた地獄小学校 (集英社みらい文庫)

絶望鬼ごっこ とざされた地獄小学校 (集英社みらい文庫)

今回のキャンペーン対象作品はこちらね。

ある文章の告発

ある文章の告発

オレのバイクは対人恐怖症

オレのバイクは対人恐怖症

価格150 円 → 0 円
期間2015年04月02日〜2015年04月06日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

"私は犯人を告発する文章である。それは私の持って生まれた使命である。"

轢き逃げ犯人告発のためにこの世に書き落とされた「文章」。
文章の書き手は、どう生きていいのかわからず堕落し、強請りに身を落としたどうしようもない男だった。
それは己の身体に、生きる目的である文面を持っていないからだと、まだ若い文章は考えていた。
文章は、口封じされてしまった書き手の代わりに、犯人の罪を世間に知らしめようと、様々な人間たちに己の文面を訴えていく――!


前代未聞、「文章」の生まれてから死ぬまでのお話。
文章の文面は人の心に届いて、犯人を逮捕できるのか!?

第二回別冊文藝春秋新人発掘プロジェクト最終候補作品。

----------
文庫本換算:71ページ

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。