読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

日刊電書ちゃん 「定額読み放題サービスは無理ゲー?」「地域振興でモヤモヤ」ほか 《2015年04月06日》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

女の子の半分は糖分でできているの。東京のお天気は曇り。射手座のあなたのラッキーカラーは#21B0BF。今日の百人一首はこちら。

村雨の 露もまだ干ぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮

「村雨」はにわか雨。「まだ干ぬ」はまだ乾かない。「まき」は真木でよい木材になる木。杉や檜・槇などの常緑樹全体を指す。「霧」はもやのことで、春なら霞、秋なら霧と使い分ける。にわか雨が通り過ぎた後、まだ露も乾かない木の茂みから霧が白く立ち上っている秋の夕暮である。幻想的でどこか閑寂とした風景が美しい。

それじゃあ 2015年04月06日の日刊電書ちゃんいくわよ!

ニュース

ここでは出版や電子書籍に関するニュース記事を紹介するわよ。

Hachette Boss Says e-Book Subscription Sites are Not Viable

電書ちゃん
定額読み放題サービスって持続可能なビジネスモデル? 懐疑的な考えを示す米国大手出版社の幹部たち。「月に2〜3冊も本を読む人は稀だから、あんまり意味ないのでは?」「映画や音楽と違って消費者は何万冊もの本を求めていない」などなど。ふーむ、本というメディアが持つ特性の問題なのか、単なるこれまでの習慣の問題なのか、なんとも言えないけど課題があることは明らかね。これが一般書じゃなくてマンガの読み放題だと、また変わってきそう。

「まちおこし小説」が投げかける文筆の公共性 « マガジン航[kɔː]

「まちおこし小説」が投げかける文筆の公共性 « マガジン航[kɔː]

電書ちゃん
公的資金を得て地域振興のために小説を書くことについての、とってもモヤモヤした文章。わかる気がするわ。表現に先立って地域のアピールありきになると、何かが転倒してる気がするのよね。それが不自然さや押し付けがましさになって作品の中に現れてしまうと、結局誰も幸せになれない。アニメで町おこしなんか盛んに行われてるけど、狙って成功したケースはとても少ないわ。あーっあたしもモヤモヤしてきちゃった。だいたいねえ、地域振興なんてのは予算獲得上の方便なんだから、そんな発信側の事情を消費者に見せないでよ。興醒めもいいとこだわ。内輪での会議や成果報告会での話に留めて置きなさいな。消費者に「地域の魅力を知って貰いたいんだな」なんて悟られたら終わり。「地域振興のために健気に頑張る人々」みたいな月並みな物語として脳内処理されてそれっきりよ。物欲しそうにてしちゃダメ。「冴えない土地のマニアックな魅力を自分が発見した」と消費者に錯覚させるくらいの捻りが欲しいわ。
ねえ? もしかして今のあたし幻夜軌跡さんに全力で喧嘩売ってる?

本の話題

ここでは本の刊行や書評などの記事を紹介するわ。

電書ちゃん
冬木糸一さんによる書評本の書評記事。本書の特徴を一つあげるならまずその専門性の高さだ。一人の人間の書評集ではなく、物理学者に生物学者にジャーナリスト、果てにはSF作家までが加わってそれぞれの専門とテーマに沿ったオールタイムベスト級のオススメの科学ノンフィクションを選出してくれる。読んだ人の世界を広げてくれる一冊になりそうね。

クリエイティブ

ここではサービスや技術やテクニックに関する記事を紹介するわ。

本の形を考える―段落と段落のスタイルを考える(草稿) | 電子書籍、電子出版のCAS-UBブログ

電書ちゃん
アンテナハウスさんの運営するブログから、段落のレイアウトを淡々と述べた記事。あえて淡々と述べてる印象。きっと後で関連記事をまとめて組版関係の本にするんじゃないかな。英語のparagraphと日本語の段落って果たして同じものなのか、なんて議論を始めちゃうと瞬く間に楽しい泥沼に嵌っちゃうからね。

イベント

電書ちゃん
ウチの読者さんってアラサー&アラフォーが中心だと思ってるからあんまり関係ないかなあ。一応周知ってことで。

セルフパブリッシング

ここではセルフパブリッシングの分野についての記事を紹介するわ。

電書ちゃん
一日限りのキャンペーンだからもう終わっちゃったわね。ウチは翌日掲載でやってるからこういうとき辛いのよね。どんどん新しいことにチャレンジしてる村雨秋乃さんには注目しているわ。
開催中のセール/無料キャンペーン情報

このページから登録があったセルフパブリッシング作品の中から、開催中かつ期間が30日以内のものを掲載するわ。

今日の日刊電書ちゃんはこれでおしまい。あんたがハッピーな一日を過ごせるよう祈ってるわ。バイバイ!


日刊電書ちゃんでは前の日にあたしが気になった記事をダイジェストでお届けするの。特に記事がない日はランダムで猫ちゃん画像を貼るわ。機械的に選ぶからもしかしたら猫ちゃんが写ってない画像が登場するかもしれないけど、ご愛嬌ってことでよろしくね。

と学会誌21

と学会誌21

トンデモ本を探求し続ける「と学会」の会誌21号。現在Kindleストアでランキング上昇中。