読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KWL無料キャンペーン情報 淡波亮作さん『プロテイン・パック』 《2015年04月10日より》

KWL無料キャンペーン情報
[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KWLセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

KWLでの三週連続無料キャンペーンの対象作品は、予想に反して第五話の『プロテイン・パック』。第三話の『可愛くてしかたがない!』は、猫好きの反感を買いそうなブラックな内容(僕も猫好きですが)なので、こちらを選択してみました。
プロテイン・パックは今年流行りそうな(?)、いわゆる《懐かしい未来》が舞台です。
是非、お楽しみくださいな!
プロテイン・パック

プロテイン・パック

価格99 円 → 0 円
期間2015年04月10日〜2015年04月14日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

人類はいったいどこまで行ってしまうのか……?  どんなに奇想天外な未来でも、明日にも起こり得るのではないかと変に納得してしまうことの恐ろしさ。  科学と文明の過剰な発達がもたらすかもしれない様々な「そののちの世界」の出来事を、SFタッチで、ダークなタッチで、またはユーモラスに描いた短編集です。 第五話の本作は、『プロテイン・パック』 "「今日は午後からフィールドに出る予定なんだ。久し振りだから、ちょっと興奮してるんだよ」 デイヴィッドが声を弾ませ、壁のホロディスプレイに喋りかけていた。 「ね、デイヴ、もし良かったら私も、ご一緒していいかしら?」 思ってもみない反応だった。" "仕事上の連絡のついでに、ちょっとプライベートな話を滑り込ませたのは、別にトレイシーのこんな反応を期待してのものではなかったのだ。デイヴィッドはそんな気持ちが表れてしまわないよう、努めて落ち着いた低い声を発した。 「僕は構わないけど、大丈夫なのか? ハンティングの経験は?」 「初めてよ。色々教えてくださるかしら?」" "デイヴィッドは冷蔵庫にずらりと並ぶ色とりどりのプロテイン・パックを一袋取り出し、マイクロウェーブにかけた。" "内容物が温まりパックが膨らむと、甘い匂いが部屋に立ちこめた。今晩は歯応えのある有形食にありつけると思うと、デイヴィッドはトレイシーとの初デート以上に待ち遠しくてならなかった。" 牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、肉といえば形のない流動食、〈プロテイン・パック〉だけとなっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームに訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった……。 すぐに読めて、でもずっとどこかに残ってしまう。ちょっと不思議でほろ苦い読書体験が、あなたを待っている! 各短編にストーリー上の関連はありませんので、どの回からでもお読みいただけます。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。