電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

日刊電書ちゃん 「STORIE/STORYS」「電子書籍アウェイ戦」ほか 《2015年05月11日》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

悲しいお知らせよ。7月20日まで祝日はない。東京のお天気は晴のち曇水瓶座のあなたのラッキーカラーは#B39B85。今日の百人一首はこちら。

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいずこに 月宿るらむ

夏の夜はとても短いのでまだ宵だと思っているうちに夜が明けてしまう。月もいったい隠れる暇がなかったろうに、いったい雲のどのあたりに宿をとっているのだろうか。「宵」は日没からしばらくの間を指し、夏なら19〜21時ごろ。「月宿るらむ」は月を擬人化してどこに宿をとっているのだろうか、と表現している。どんどん日が長くなり、秋の夜長を懐かしんでいるのだろうか。

それじゃあ 2015年05月11日の日刊電書ちゃんいくわよ!

ニュース

ここでは出版や電子書籍に関するニュース記事を紹介するわよ。

STORIE(ストリエ)[β]:あたらしい読み物プロジェクト

電書ちゃん
11日にβ版を公開した小説投稿サイトSTORIEさん。現在のところ投稿には招待コードが必要。運営はセガサミーグループの株式会社インデックスさん。スマホを意識したレイアウトとキャラクター、背景、演出などのマンガ/アニメ的視覚表現はcomicoノベルとも共通してるわね。水面下でいろんな作家さんに声をかけていたみたいで、あたしの知ってる人の名前もチラホラ。気になっちゃう。STORYS.JPさんと間違えないように。

イベント

ここではイベントやセミナー、公募などの情報を紹介するわ。

電書ちゃん
コミティアに参戦したHybrid Libraryさん、電子書籍も用意してたんだけどお客さんの認知はさっぱりという厳しい結果に。同人作品とセルフパブリッシングって本来相性いいとあたしは思ってるんだけど、この両者の文化の溝ってなんなのかしらね。文化の狭間で戦ったんだもん、Hybrid Libraryさん偉い。あたしはどちらかっていうとマッタリ派で電子書籍の普及についてはのんびりと構えてたの。ある程度の技術的基盤はできたしサービスを立ち上がったし、人の習慣はゆっくりと変化するものだと思ってるから。とはいえ最近は電子書籍関係者同士で内向きの議論ばかりしてるのもダサいな、とも思っていていろんな人をフォローするようにしてるわ。もっとアウェイ戦を頑張らなくっちゃ。読者さんはあたしの記事をどんどんシェアしてね。あたしたちが楽しそうにしてれば人は集まってくる。人が集まればあなたの本を読んでくれる人も増える。結果としてあたしが儲かる。おっと最後に本音が出てしまったわ。

セルフパブリッシング

ここではセルフパブリッシングの分野についての記事を紹介するわ。

早稲田出ててもバカはバカ

早稲田出ててもバカはバカ

電書ちゃん
こちらはSTORIEさんじゃなくてSTORYS.JPさんのほう。投稿作品をKindleストアで販売したら大きな反響があったみたい。著者円山嚆矢さんがブラックなあれやこれやをくぐり抜ける半生を綴った波瀾万丈のストーリー。本を売るより先にウェブ上で存在感を高めておくのはとっても有効。いきなりぽんと本をストアに出す場合とは、背負うコンテキストの量が違うもん。著者の物語は最良のコンテキストだって藤井太洋さんも言ってたわね。こんなこと書くとウチの読者さんに多い、人付き合いと自己主張苦手なタイプの人はギリギリ歯ぎしりするんだろうなあ。まあ他人を羨んでも仕方ないわ。あんたにはあんたのやり方があるはずよ。

アウトライン・プロセッシング入門

R-style » 【書評】アウトライン・プロセッシング入門(Tak.)

電書ちゃん
Tak.さんが刊行した『アウトライン・プロセッシング入門』がKindleストアでIT系書籍のランキング上位に。アウトライナー」と呼ばれるソフトを使って文章を書き、考える技術を解説した本。倉下さんの書評がわかりやすいから読んでみて。変換にはでんでんコンバーターを使ってくれたみたいで嬉しいな♪ ありがと☆ Markdown(でんでんマークダウン)も簡易的なアウトライナーみたいに使えるから、文章の構造を意識しながら書く手助けになるわ。でんでんコンバーターで体験して貰いたいことの一つはコレなのよ。

書きたいだけ | 人格OverDrive

電書ちゃん
うざっ! ヘリマルうざっ! 見城徹さんが編集者してた時の尾崎豊的なうざさよね。あんたの言うネタ記事ってコレでしょ。昨日読んだけど、わりと面白かったわよ。既読スルーじゃなくて未読スルーだったの。すぐに反応貰えなかったからって拗ねないでよ。GWだったし、どういうわけかあんたと月狂四郎さんのブログがFeedlyの購読リストから消えててチェックが漏れてたの。でも「寂しくなったら絡んでらっしゃい」とあたしはあんたに言ったのよね。ハイハイあたしが悪かった。いい子だから機嫌直してちょうだい。『バッファロー’66』のクソッタレでヘタレな主人公はあんたに似てるわね。クリスティーナちゃんやあたしのような天使に出会えることを祈ってるわ。

おまけ

ネタとかよ。

電書ちゃん
先日あたしは「あたしのことを考えてくれたイラストはどんなものでも嬉しい」と言ったんだけどさすがに撤回しようかしら。

冗談よ。ありがと☆
開催中のセール/無料キャンペーン情報

このページから登録があったセルフパブリッシング作品の中から、開催中かつ期間が30日以内のものを掲載するわ。

今日の日刊電書ちゃんはこれでおしまい。あんたがハッピーな一日を過ごせるよう祈ってるわ。バイバイ!


日刊電書ちゃんでは前の日にあたしが気になった記事をダイジェストでお届けするの。特に記事がない日はランダムで猫ちゃん画像を貼るわ。機械的に選ぶからもしかしたら猫ちゃんが写ってない画像が登場するかもしれないけど、ご愛嬌ってことでよろしくね。

最近のKDP作品より。日本から海外に出ると閉塞感から開放されて楽になれたりするのよね。