KDP新刊情報 真里谷さん『まだ創作で消耗してるの? 第一期合冊版 (マスズレノベルス)』 《2015年05月19日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 真里谷さん(@mariyatsu)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

連日の宣伝、失礼致します。
創作指南本のようなタイトルですが、中身は創作をする上で誰もが通る苦しみを題材にした、軽く読めるライトノベル調の読み物となっています。
偉人の名言や箴言などを題材として、そうした辛さ、苦しみが少しでも緩和する救いの内容が、どなたかに届けば幸いです。
そう、「それでも創作がやめられない」という方へ……。

まだ創作で消耗してるの? 第一期合冊版 (マスズレノベルス)

まだ創作で消耗してるの? 第一期合冊版 (マスズレノベルス)

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

創作には産みの苦しみがつきまとうという。
しかし、その苦しみが本当に必要かどうかを問うべきだ。

【「90%はクズ」編】
明星勇気と八十岡奏。
明星はこの日もお気に入りの図書館の片隅にいた。
八十岡がやってきて、泣きついてくる。

「どうしよう、みっちゃん」「書けないの」

明星は答えを提示する。
SF作家シオドア・スタージョンの言を引用して。

「あらゆる創作の九割はクズだ」

【「オリジナリティのありか」編】
「オリジナリティって何なのかな?」
「何も書かない奴が作り出した妄言だよ」

オリジナリティはいずこにありや、いずこにありや?
ならば、語ろう。
語って正体に迫ろう。
アインシュタインピカソに学び、少しでも気楽になろう。

【「ゲームとの戦い」編】
「ゲームじゃダメなんだよ。何かを残せる人はプロになれるだろうけど、わたしみたいな子はぼーっとしちゃう。画面に映った自分の顔見て、『まぬけだなぁ』って思っちゃう」

八十岡奏の悩みが、明星勇気の胸を打つ。
芥川龍之介本田宗一郎ゴッホ丸山健二
人々の言葉に学び、自らの意志でその答えを見出しに行く。

【「ベストエフォート」編】
「みっちゃんは、たぶん『うまい』から『すごくうまい』になろうとしてるんだよ」

明星勇気に訪れた初めての壁。
今まで人に頼ったことがない。頼ろうとした覚えもない。
あまりにも強すぎた少女は、守るべき少女に背中を預けられるのか。
その速度をゆるめ、同じ歩調で歩んでゆくことができるのか?

ガンジーベートーヴェン
祝福の歌の中で、彼らの箴言が脳内を満たす。


ふたりの語らいが織り成す、ちょっとした創作のお話。

[注意]
本書は単品で発売している上記各短編の合冊版です。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら