電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 真里谷さん『バイテン (マスズレノベルス)』 《2015年05月29日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 真里谷さん(@mariyatsu)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

かつて新人賞に応募した旧作長編をアップしました。
今の自分から見ると「良くも悪くも」の部分が見えますが、皆様に少しでも楽しんでいただけるかもと思い、アップした上で無料キャンペーンを張るものです。
お手にとっていただければ幸いです。

バイテン (マスズレノベルス)

バイテン (マスズレノベルス)

価格450 円 → 0 円
期間2015年05月29日〜2015年06月01日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

 商売から戦闘までこなす、死んだ母の面影を追う売店士であるシュン・マサキは、異世界で店を開くことになる。それは異世界でも最大の国家である「帝国」の根幹を成す、コンスタンツェ魔法学院であった。
 異世界の空気に触れた当日、いきなり帝国と敵対する竜人の飛行艦隊が来襲した。これを華々しい売り込みの願ってもない機会と捉えたシュンは竜人の母艦に潜入するも、成り行きから若い竜人ハク・ヒュミを拉致して逃走する。初めはシュンを含む人間を敵視していたハクだったが、シュンや他の生徒たちとの交流を経て認めるようになっていく。
 ハクとともに、開店に向けて準備をするシュン。魔法学院の日常は続いており、寮の管理人も兼ねることを義務付けられていたシュンは、一癖も二癖もある女生徒たちとぶつかり合い、時には色気のある出来事に遭遇しながら、次第に信頼を得ていく。一方で、学長からは理不尽な試練を課せられ、謎の敵からも妨害を受ける。
 果たして、シュンと彼の仲間たちの行き着く先には、何が待っているのか……。

一迅社文庫大賞 New Generation Award 2013」応募作品。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。