KDP無料キャンペーン情報 冬原あやさん『こんなBL(ボーイズラブ)小説は無料が妥当なのかも知れません: 青空』 《2015年06月13日より》

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 冬原あやさん(@milkypinkkk)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

ボーイズラブノベルズ(BL小説)です。BL好きな人には、ぜひ一度読んで頂きたいです。ちよっとかわったテーマで書いています。

価格100 円 → 0 円
期間2015年06月13日〜2015年06月14日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

主人公・春田裕也は永田斗一郎の事が好き。思い切って告白をしたけれど、彼の様子はそっけなくて……
それに、彼はなんだか異質な雰囲気があり……戸惑いつつも、なんとか春田は自分の恋心を相手に理解させようとするが……




★★★★
・ 異物混入淫猥な言葉を吐くことを強要など。かなり濃厚な性的表現があります
・ 出だしでは、なかなか性的シーンに突入しませんが、全体の70~80%程度が、性的シーンで占められています。


・・・・・・・筆者紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬原あや
fuyuhara★par.odn.ne.jp(★の部分を@に変えて送信してください)
おもにボーイズラブ18禁作品を書いています。
過去にはアダルトゲームのシナリオライターもしていました。
キンドルでもBL禁小説を何作かあげているので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★★本文一部抜粋★★

「あ……あぁ。いいね……きついよ」
やはり、中に異物がはいっていたせいか、いつもよりも後孔の締め付けが強うように感じた。ギュウギュウとペニスが締め上げられていく。それに、激しく腰を動かして、グイグイとついていくと、バリバリバリと中で卵の殻がさらに細かく潰れていくような感触がしている。はじめてあじわう、その奇妙な音と感覚に。裕也は酔った。
気がつけば、佐々の腰をつかんで、何度も何度も激しく佐々の身体を突き上げていた。そのたびに、佐々の頭が床にゴンゴンと音をたててうちつけられていく。
黒髪が揺れて、床に広がっているのが見えた。その髪の毛の中から、先日の傷口がカサブタになって皮膚にこびりついていた。それをみていると、どうしてもそのカサブタを剥がしたいような気がしてきた。
「あ……あぁ」
裕也は佐々の髪の毛をかき分けて、腰を動かしながら、そのカサブタに爪をかけて、一気に剥がした。
「ひ……ひぃ……ひぃぃ」
佐々の悲鳴が部屋の中に響く。同時に、カサブタだった部分から鮮血がぶっくりと膨れあがって、溢れて出てきていた。
「あはは……ははは……。また、血が出てきた。おかしいな……あははは……」
裕也は流れる血を見ながら、腰の動きを早めた。佐々は「ひぃ・ひぃ」と悲鳴混じりの声を上げていた。それにより、より後孔の締め付けがきびしくなったようにかんじた。だから、裕也が中に精液を放出してしまうのも早かった。気がつけば、目の前が点滅して。
きつくからまりついてきている後孔の粘膜の中で。絶頂を迎えていた。
「あ……あぁ……よかった……よかったよ…」


さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。