KDP無料キャンペーン情報 ヤマダ マコトさん『山彦・上: 漂泊の民 (新潟文楽工房)』 《2015年09月26日より》

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ ヤマダ マコトさん(@niigatabungaku)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

27日、新潟県燕市の国上山周辺で地域の観光イベント「越後くがみ酒呑童子行列」が開かれるので、勝手に協賛キャンペーンをやります。
作品はこのイベントや地域と劇中でリンクしている「山彦」上巻です。期間は3日間。

なお、イベントは、みんなで鬼のコスプレで練り歩くアバンギャルドな感じで、スペシャルゲストとして元プロレスラーのキラー・カンが鬼コスプレで登場するそうです。永井豪オリジナルデザインTシャツもあるよ。詳しくは燕市観光協会HPで。

山彦・上: 漂泊の民 (新潟文楽工房)

山彦・上: 漂泊の民 (新潟文楽工房)

価格100 円 → 0 円
期間2015年09月26日〜2015年09月28日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

山々を渡り歩き、時折、里に下りて村人と交流する山の民ヤツカハギ。
新潟県、県央地域の新聞記者・須見宏は、地域を恐怖に陥れる連続殺人事件を追ううちに、偶然、その存在を知り、実際に接触を試みる。
驚くべきことに、彼らの一族には、一族の歴史を今に伝え、霊との交信ができるシャーマン「エダカ」が存在した。
現在のエダカは、失われた伝統芸能「瞽女唄(ごぜうた)」に精通した盲目の少女・フミだった。
やがて、姉夫婦との生活に息苦しさを感じていた須見は、彼らの自然との共生生活に惹かれるようになる。

一方、若き三条市議会議員の高橋義明は、議員として市の入札調書を調べていくうちに地元の中堅建設会社・木島建設が不正な入札を行っている事実を知る。
自身の議員としての汚名返上と地位確立のため木島建設を探る高橋。
そして、木島建設の社長・木島忠男がヤツカハギの出であることを掴み、秘められた山の民の存在に興味を持つ。

謎に包まれたエダカの神秘の力とは?
そして連続殺人事件との関係は?
越後平野を駆け巡る圧倒的スケールの伝奇ファンタジー3部作の第1弾!
21世紀のサンカ小説、今ここに幕を開ける。

☆2015年7月11日改訂しました。【誤字脱字修正など】

★お得な上中下の統合版も販売開始しました。
ASIN:B0127URPDA「山彦」460円です。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。