新企画の無茶ブリされた件

あたしだよっ!

月狂四郎さん、あんたもしょっちゅう絡んでくるわね。他に友だちいないの?

電書ちゃんに無茶ブリ - ペンと拳で闘う男の世迷言

とはいえ提案の内容は悪くなかったわ。参考になる部分もあった。

ていうか以前から考えてた企画に重なる部分も多かった。ビブリオバトルと書評集は電書ちゃんねるプラスを始める前から構想はあったのよね。ウチの下僕のフォルダ漁ってたらこんな作りかけの画像が出てきたけど、日付見たら去年の11月。どんだけ温存してるのよ。

とにかく表現者が腐るほど余っていて、読者のインセンティブが問われているのが現状。やるなら読者寄りの企画にしたいなってずっと考えてる。「自己表現したい私」だけが何人集まっても文化は作り出せないのよ

やってみたい人がいるならその人たちでどんどんやっちゃえば? 当事者意識のないお客様気分が一番ダサい

あたしが活動できる時間ってそんなに多くないし、電書ちゃんねるは超シングルタスク。すくなくとも10月のXデーまでは、ウチの下僕がサボらないかしっかり見張ってなくちゃいけないから、新しい企画に思考を割く余裕はないわ。その後もどうかなあ。しばらくこのブログは気ままに思いついたことを書いてゆくだけになると思う。でも、もしウチでやるんならウチでしかできないものにしたいとは思ってるよ。

提案ありがとね☆