KDP新刊情報 初瀬明生さん『寵愛の館』 《2015年10月16日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 初瀬明生さん(@9_meiousei)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

元々上下巻を販売しておりましたが、今回は統合版として、誤字脱字修正や表紙を変えるなどして一新しました。十月いっぱいまでKindleストアでは99円で販売しております。よろしくお願いします。

寵愛の館

寵愛の館

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

湖に囲まれた孤島の館、薄明館。そこには、次男の加宮隆治、長女の明日香、三男の貴博の三人が住んでいた。貴博は閉ざされた世界の中で、外の世界への羨望を抱えながらも何不自由なく暮らしていた。
しかしその中である悲劇が起きる。

悲劇を経て貴博は、真相を突き止めようと事件を捜査していた。
推理を進めていくごとに、さらに謎は増える。使用人の行動、兄の秘密、姉の病気、手術室や遺体安置所のあるこの館。
事件の難化に苦心しながらも、その謎を解こうと腐心していく。そしてさらなる事件が・・・・・・。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら