読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 王木亡一朗さん『秋の夜長: (What's the Story)Autumnal Nights? (ライトスタッフ!)』 《2015年11月29日より》

KDP新刊情報
[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 王木亡一朗さん(@OUKI_Bouichirou)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

夏の終わりに出版した短編小説集「夏の魔物」の応援企画として、2015年9月から11月にかけて、著者のTwitterに投稿していた掌編小説が一冊の電子書籍になりました。
秋の夜長に綴られた13編の物語です。
発売から2週間、11/29〜12/13までの期間は、セール価格の99円で販売します。(定価220円)

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

王木亡一朗掌編小説集「秋の夜長」

「残暑が少しずつ和らいでいき、微細なグラーデーションながらも確実に季節が移り変わっているな、と感じられるようになってきた、とある夜。夢の中にトルーマン・カポーティが出て来て、「ヘイ、ユー。今日から掌編小説を書いて、それをTwitterにアップしな! アンダスタン?」などと言う。って、カポーティって、こんなキャラなのか?ちょっとジャニーさん入ってないか?とも思うけれど、僕はその日から、なんとなく書き始める。(最終夜「秋の夜長」より)」

2015年9月から11月にかけて、著者のTwitter上に投稿された13編の掌編小説を収録した作品集。

第一夜「灯せ、キャンドル」
第二夜「無視」
第三夜「オープンハウス」
第四夜「円満」
第五夜「リーチ」
第六夜「ライク ア ローリングストーン
第七夜「ムナクソワル夫」
第八夜「最愛」
第九夜「Can You Keep A Secret?」
第十夜「鍵の中の子供」
第十一夜「Wait a minute」
十二夜「後悔」
最終夜「秋の夜長」

*全体で約45000字の作品集です。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら