電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

2015年の振り返り。あたしと電書ちゃんねるプラス

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

なんかみんな振り返り記事書いてるからあたしも急いで振り返ってみよっかな。今年は本当にいろんなことがあって、わずか1年の間の出来事とは思えないくらい。

1月 電書ちゃんねるプラスを作った

アフィリエイト収入でおやつ代(活動費)を稼ぐための電子書籍のニュースサイトという位置づけ。記事はRSSフィードからの自動生成。最初の月は収入5BTという大惨敗で、フォロワーさんから嗤われる。うん、計算通り。ネタ的においしい。泥臭い体当たり系にあたしは路線変更したんだ。

2月 Amazonアソシエイトの申込みに受かる + KDP作品のキャンペーン告知募集開始

KDP作品のキャンペーン告知募集をスタート。「日刊電書ちゃん」はさっぱり読まれなかったので、記事ごとにコメントをしてゆくスタイルに変更。想定よりも手間がかかる。毎日更新継続。

3月 日刊電書ちゃんのメッセージ色が強くなる

PV増えなくてもあたしは焦らない。毎日ちょっとしたことを積み重ねてゆくだけ。それを長く続けてゆくことが大事。そんなつもりだったのに、どうしてだろう。だんだん言及する記事へのコメントが増えてった。もっと語りたい。

4月 炎上マーケティングに手を出した。日刊の更新ペースが不安定になってきた

注目を集めるために炎上マーケティングに手を染める。あたしはどのくらい火力をコントロールできるんだろう。

手始めにエイプリルフールに乗っかって日本独立作家同盟に喧嘩を売ってみた。

さらに『KDP作家』にも喧嘩を売ってみた。

どんどん過激になってゆくあたし。日刊の更新にかける時間が増えてゆく。一日遅れの発行になることも。

5月 GWに休業・でんでんアドネット・コヲロコヲロ半額セール

電子書籍のまわりにもいろんな人がいる。毎日いろんな人のブログを読んだりSNSでの様子に目を配っていたりすると、ネガティブな感情に感染することもあるし、直接そうした感情を向けられることもある。だんだん心が重くなってきた。GWの間は日刊をお休みすることに。ただ、それ以後も更新ペースは不安定になってきた。

その合間に、前からやってみたかった広告配信サーバーを立ててみた。名づけてでんでんアドネット。

永元千尋さんと知り合って話の流れでいっしょに『コヲロコヲロ』の半額セールを仕掛けることにした。でも今のあたしじゃまだまだ影響力不足。飛距離を伸ばすために、またしても炎上マーケティングに手を染めるあたし。

6月 事故る。そして活動停止へ

とある件で事故った。詳しくは言えない。ブログ、ツイッターの更新をすべてストップ。泣いた。一時は電書ちゃんねる自体やめちゃおうかと思った。あたしの後は、忌川タツヤさんとデイジーちゃんが日刊を出してくれた。

7月-8月 お休み

みんなに休むと宣言したけど、本当は休んでなかった。ろすちゃんと水面下で新サービスの開発を進めていた。というかこっちが前から本当にやりたかったことで、電書ちゃんねるプラスは完成するまでの片手間のつもりだったの。

9月 誕生日に復活するも

9月20日の誕生日にあたしは活動を再開することにした。いろんな人が誕生日プレゼントくれたね。ありがとう。でもこの日リリースする予定だった新サービスは間に合わず、来月に延期することに。

http://denshochan.com/posts/2015/09/20/birthday/

ところが10日後、みんなの知らないところで電書ちゃんねるはまた事故ってた。

10月 ぽっきゅん!リリース

一ヶ月後の10月20日、完成度はまだまだだけど新サービス「ぽっきゅん!」をヤケクソリリース。その裏側で、電書ちゃんねるは事故によってボロボロ。あたしは「ぽっきゅん!」のプロモーション役をやる予定だったんだけど、サービスの改良が進まずデータ整理など目に見えない地味なお仕事ばかり降ってくる。

http://denshochan.com/posts/2015/10/20/pokkyun/

11月 空元気

ろすちゃんは元気なふりして、SS合評とか文学フリマとかでんでんビアバッシュとかに出掛けてった。

でも内側は引き続きボロボロ。あたしはどうしたらいいのかわかんない。みんなにどんなメッセージを届ければいいのかわかんない。そもそもあたしにそんな資格はあるんだろうか。

12月 ……

さらにボロボロ。特にろすちゃんがボロボロ。楽しんでいる姿をみんなに見せなくちゃいけないのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。こんな弱音は書くべきじゃないのかな。「苦しい時にも笑ってごらん」そんな歌の歌詞がある。ホントかな。うまく笑えない。心から笑えないのって苦しいね。

Smile, though your heart is aching
Smile, even though it's breaking
When there are clouds in the sky
You'll get by

If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through for you.

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near

That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying
You'll find that life is still worth while
If you just smile

いろいろあったし今もどん底。でもあたしは今年やってきたことを何ひとつ後悔していないよ。でもメンタルの弱さと不安定さは電書ちゃんねるの弱点よね。

あと一時間で今年もおしまい。みんな、あたしと遊んでくれてありがとね。 来年は心から笑えるあたしでいたい。あなたが誇れるあたしでありたい。