読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDPセール情報 矢樹純さん『がらくた少女と人喰い煙突』 《2016年02月01日より》

KDPセール情報
[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 矢樹純さん(@yagi_jun )からセールのお知らせが届いてるわよ。

このたび、Kindleストアで発売中の長編ミステリー『がらくた少女と人喰い煙突』がAmazonKindle月替わりセールに掲載されました。
『がらくた少女と人喰い煙突』は、究極の“非”断捨離系女子である《強迫性貯蔵症》少女・楠陶子と《盗視症》探偵・桜木静流が活躍する孤島ミステリーです。
瀬戸内海に浮かぶ、ある特異な歴史を持つ孤島――《狗島》を舞台に、《人喰い煙突》と呼ばれる火葬場の煙突の下で見つかった首なし死体の謎を解く、という王道の本格長編ミステリーとなっております。
どうか皆様、この機会にダウンロードして読んでいただければと思います。よろしくお願いいたします。

価格300 円 → 119 円
期間2016年02月01日〜2016年02月29日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

究極の“非”断捨離系女子!《強迫性貯蔵症》少女と、覗かずにはいられない!《盗視症》探偵が活躍する異色長編ミステリー。

瀬戸内海に浮かぶ特異な歴史を持つ孤島――『狗島』で起きた連続殺人事件。
『人喰い煙突』と呼ばれる火葬場の煙突の下で、嵐の中、首なし死体が発見される。
だが煙突から“首のある”被害者が落下した瞬間から、“首のない”遺体となって発見されるまで、
誰もその現場に足を踏み入れることはできなかった――。

《異能》と《欠陥》を併せ持つ女子中学生&犯罪者コンビが不可能犯罪の謎を解く。
衝撃の真相。そして物語のラストで明かされる《ある事実》に、あなたはきっと驚嘆する――。

※2012年発売の『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』(宝島社)の桜木シリーズの続編です。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。