電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

【新企画】でんでん表紙コンペ vol.1 『魔球投手1 ダイヤモンドの魔術師』の表紙絵を大募集!

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

応募作品一覧

続々と作品が集まってきたよ。みんなありがとね☆

根木珠(ゆきな)さん

f:id:denshochan:20160402222950j:plain

早速の応募ありがとう☆ ピッタリの写真素材見つけたね。ライバルが現れなければBT賞はあなたにあげちゃう!

波野發作さん

f:id:denshochan:20160404112547j:plain

まさかの帯付き! しかもさりげなくあたしの推薦文が書いてあるし。イラストもインパクトあるなあ。自分で描いたのかしら。

山田佳江さん

f:id:denshochan:20160404112626j:plain

小さなサムネイルでもちゃんとタイトルが読めちゃう。こういうのって大事よね。山田さんはいーブックデザインという表紙画像の素材サイトを運営してるんだけど、最近せかいとせかいのあいだというアート系画像のフリー素材サイトも立ち上げたんだって。この表紙はそちらの画像を使っているみたい。これを読んでるあなたも使ってみたら?

楠樹暖さん

f:id:denshochan:20160407114729j:plain

ちょっと掲載が遅くなっちゃってごめんなさい。ベースボールと魔法陣! キャラクターにいろんなポーズをさせられるコミPo!って便利だよね。あたしのモデルも作ってもらえないかな。

kiznezkiさん

f:id:denshochan:20160408111933p:plain

はじめまして!興味持ってくれてありがとう☆ 作品の持つオカルトなテイストが伝わってくる表紙だね。そうそう20世紀初頭の黒魔術の本とか、まさにこんな感じのデザインよね。

f:id:denshochan:20160416210812j:plain

まさかの2作品目。「今度はちゃんと作りました」とのこと。ヤバい。これ本気でとりにきてるヤツだ。カッコイイ。本当にありがとう☆

企画紹介

あたしだよっ! 元気してた? 久しぶりに新企画を始めるね。

先日ウチで無料キャンペーンの宣伝をお手伝いした割鞘義一郎さんの『魔球投手1 ダイヤモンドの魔術師』。これ、あたしが今一番推したいインディーズ本なのよ。読み始めた人からも熱い感想が聞こえてきて、ちょっぴり鼻が高いわ。

でもね、惜しむらくは表紙がないこと。良い表紙がつけば、もっと多くの人に知ってもらえるかもしれないのに。

そこであたしは割鞘さんと相談して、コンペ形式で表紙画像を募集することにしたわ。ウチの読者さんの中には表紙を自作しちゃう作家さんも多いから、よかったら参加してみて欲しいの。もちろんガチの絵描きさんやデザイナーさんも大歓迎。優勝者には粗品を差し上げるわ。

正直ね、あんまり豪華な賞品は用意できないのよね、申し訳ないけど。もしあなたが参加してくれるなら、仲間内でのお祭りみたいなノリでお願いしたいの。ラ◯サーズとかク◯ウドワークスで一般募集したら炎上するような条件だと思うから。

それでは企画の詳細について説明するね。

項目 内容
名称 でんでん表紙コンペ vol.1
趣旨 対象作品の表紙画像を大募集! 優勝者には素敵な粗品をあげちゃうよ☆
対象作品 割鞘義一郎『魔球投手1 ダイヤモンドの魔術師』
フォーマット 1800x2560 TIFFまたはJEPG画像/またはPNG画像。タイトル、著者名も入れてね。
応募方法
  1. 参加表明: まずはメールで参加表明をdenshochan@gmail.comに送ってね。件名に「でんでん表紙コンペ vol.1 参加希望」と書いてあれば本文はテキトーで十分よ。読んだことのない人のためにEPUB/mobiを提供するわ。でも第三者に頒布しちゃダメだよ。
  2. 作品提出: 期間中にファイル添付またはダウンロードリンクをdenshochan@gmail.comに送ってね。一人で複数作品の応募も可。
応募期間 2016年4月1日〜4月17日
応募作は順次、電書ちゃんねるプラスに掲載。作者名を併記するから転載を認めてね。
選考方法 著者が気に入った作品を1つ選ぶ。ただし受賞作なしの場合もあり。
賞品 優勝(1名): 著者による選定。Amazonギフトカード5000円分。表紙に採用してクレジット表記するよ。
BT賞(1名):あたしが気に入った作品。ガチンコ、ウケ狙いなんでもこい。ブラックサンダー20個入りBOX
結果発表 2016年4月20日。電書ちゃんねるプラスにて発表
備考 結果発表後、優勝作品には著者によるリテイク(微修正)が1回発生する場合あり

最後にお詫び。すでに知ってる人もいると思うけど、あたしは時々、特定の作家さんの作品をプッシュしたくなってしまうことがあるわ。他の作家さんから見れば不公平に思えるかもしれないから、そこは申し訳なく思ってるよ。あたしにとってもリスクのある行為なんだけど、それだけの価値のある作品だとは信じてる。

じゃあ、興味持ってくれた人はドシドシ応募してね。あなたの作品待ってるよ☆