KDP無料キャンペーン情報 冬原あやさん『画家の隣人: その純粋すぎる愛の行方』 《2016年04月10日より》

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 冬原あやさん(@milkypinkkk)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

18禁、ボーイズラブ小説「画家の隣人」の無料キャンペーンは久し振りです。この機会に、ぜひ「とりあえず」でいいので、ダウンロードしてください。よろしくお願いします。

価格100 円 → 0 円
期間2016年04月10日〜2016年04月13日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

こちらの作品は2015年はじめに一度出版しましたが、評価にてご指摘がありましたので、
ご指摘部分などを見直し、また、誤字脱字などを訂正し、展開として無理がないように
検討し、推敲しつくした結果。最初に出版していたものとは随分と内容が変わりました。
誤字脱字はすべて訂正致しました。
また、評価にてご指摘頂いていた話展開も考慮して、かなり書き直しました。
以前に一度読んでくださった片にもぜひ読んで頂きたいと思います。
また、厳しい評価でしたが、とても勉強になりました。ありがとうございます。


主人公 佳川睦月(27歳)は作家志望だが、なかなかみとめてもらえず、妻の佳川いづみ(27歳)に養ってもらう生活を送っている。
そんな折り、隣に新しい住人が引っ越してくる。

その人物が、どういう生活を送っているのが気になった睦月は、こっそりと壁の穴から隣家を覗いてみる。
その男が、画家だと知った睦月は興味を持ち、さりげなく接触していく。

しかし、そうしているうちにだんだんと男に惹かれていく。
そうして、関係を持つようになった。

しかし、じわりじわりと日常に変化が芽生えはじめ……。

★★★★
・ 異物混入淫猥な言葉を吐くことを強要など。かなり濃厚な性的表現があります
・ 性的シーンがおおいので18歳未満は禁止とさせていただきます

・・・・・・・筆者紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬原あや
fuyuhara★par.odn.ne.jp(★の部分を@に変えて送信してください)
ツィッターは「milkypinkkk」です。新作やキャンペーンなどについてつぶやいています。
おもにボーイズラブ18禁作品を書いています。
過去にはアダルトゲームのシナリオライターもしていました。
キンドルでもBL禁小説を何作かあげているので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★★★本文一部抜粋★★★
「あぁ、ほら、ビリビリと電流が流れて、気持ちがいいでしょう。ほら、オチンチンもこんなに勃ってきている。どうです?ケツの中に電流が走っている感覚は?」
「い……痛い……あぁ」
「嘘だ。痛いんじゃなくて、気持ちがいい、の間違いでしょう」
 貴文はグッと睦月のペニスを握った。
「あぁ……あぁぁ」
 そうして、グイグイと握りこまれると、どうしてもペニスが、より勃起していく。
「いいな。あぁ、電流が走っているというのはどういう感覚なんでしょうね?
 私も味わってみたいな……。ほら、このままケツの穴の中に、私のオチンチンも入れてみましょうか?ねぇ」
 貴文は睦月の髪の毛を撫でながら、恐ろしいことを囁いた。
 すでに、その大きなバイブだけでギチギチまで後孔が広げられている。ここに貴文のペニスまで入ってきたりしたら……。
「裂ける!! あぁ……だ……駄目だ……」
 睦月は必死で首を左右にふった。
 しかし、貴文はズボンをずらすと、すでに勃起しているペニスにクリームを塗り始めていた。
「ぁぁ……あぁぁ」
 蛍光灯の下で、テラテラと性器が光っている。
 そう、あれを入れられたらどうなるのだろうか……。こんなにも広がっていて、電流が流れている後孔に……。
「あ……うぐ……」
「さぁ、入れますよ」
 男はそう言うと、ジワジワとペニスを押し当ててきた。後孔が強引に広げられていっている。
「ひ……無理……む……無理……」
 睦月はぜいぜいと喘いだ。しかし、男は諦めなかった。ぎっちりとバイブが密着している後孔の粘膜を指で強引に押し広げて。じわじわとその隙間からペニスを挿入しはじめた。
「ひ……ひぃ……」
 それはたまらない激痛だった。あまりの痛さに、頭の中で極彩色がはじけていた。
あぁ、このままではしんでしまうのではないのだろうか。あまりの痛みのせいで……。そう考えると、ゾッとした。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。