読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 川崎ルイさん『こんな俺を抱いてくれよ』 《2016年06月02日より》

KDP無料キャンペーン情報
[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 川崎ルイさん(@Theinohead)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

大都会で暮らす人々の思いやあこがれを軽快に、時には切なく綴った”大人のラノベ”。川崎ルイの長編恋愛小説第2弾です!

こんな俺を抱いてくれよ

こんな俺を抱いてくれよ

価格99 円 → 0 円
期間2016年06月02日〜2016年06月07日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

「俺は,今までの23年の人生で本当の恋愛なんかまだ経験した事無いんじゃないかと思う。」
毎晩のように夜の東京の町をふらつきながら酒とパーティーに明け暮れていた俺。
「こんな俺を好きになってくれる子なんているのかな?」
そんな俺の運命を変えることになったあの子との出会い。
そして彼女とすごした日々を俺は本に書いてみることにした。

「泣いても、いいですか?」の川崎ルイが送る恋愛物語第2弾。

大都会で暮らす人々の思いやあこがれを軽快に、時には切なく綴った”大人のラノベ


 読んでいて元気を与えてくれるような本が読みたい

 パーティー大好き、ナイトライフ大好き!東京も好き!

 洋楽大好き!

 おしゃれな本が読みたい

 形式にとらわれない新しい文書が読みたい。

 インディーズ作家の本が読んでみたい。

 
こんな方にはきっと楽しんでもらえるはずです。


あらすじ;
アキは作家志望の23歳。吉祥寺のアパートに住みながら恵比寿のバーに通って原稿を書いたりパーティーに行ったりする日々を送っていた。そんなアキが隣に住む葵やファッション学校に通うエリカ、30半ばの遊び人ボノ、イケメンゲイのシノブ,そして彼の運命を変えることになるアメリカからの留学生ゾエ、その他いろいろなおもしろおかしい人達と一緒に過ごした楽しくてちょっと切ない日々を一冊の本にしてみました。
読みながらシャンパンの泡のようにはじけるような気持ちになっていただければ幸いです。


(こちらの作品の紙の本の長さは通常の文庫本のサイズで160ページほどです。この作品は作者の意図により横書き、ページめくり左から右でレイアウトされています。) 

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。