読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 淡波亮作さん『ルルルとリリリ 下 とっても小さな九つの国』 《2016年07月07日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

17歳になったルルルとリリリの二人が、上巻に続いて大活躍します。イカの化け物や大蛇の秘密、そして二人の秘密が明らかになり、いよいよ全ての謎が解ける時がっ!
著者ブログに連載されたものに加筆修正し、全話の扉に描き下ろしの挿し絵を加えました。挿し絵の数は上下巻合わせてなんと93点!

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

本作『ルルルとリリリ』は、ほんわかとしたお伽噺『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』の五年後のお話です。著者ブログに連載されたものに加筆修正し、全話の扉に描き下ろしの挿し絵を加えました。挿し絵の数は上下巻合わせてなんと93点!

〜ものがたり〜
ルルルとリリリがそれぞれの国に帰って五年が経ちました。平和な暮らしが続いていたと思ったのに、リリリのもとには良くない噂が聞こえてきます。モースモースの国にまたも恐ろしい大蛇が現われ、子供たちをさらっているというのです。
ルルルの住むユッポユッポでも、ずっと姿を現していなかった化け物イカがまた出てきて、とうとう犠牲が出てしまいました。
二人はそれぞれ、どうにかしなきゃ! って思いました。でも、どうすれば良いのでしょう?
ルルルは、そしてリリリは考え、行動を始めます!

楽しくてちょっぴり怖くて、勇気もりもりの冒険が待っています。
さあ、みなさんも一緒に旅立ちましょう!
(本書をお読みになる前に、『ルルルとリリリ上』をお読みくださいね)

■■■ 立ち読みコーナー(電子書籍では全漢字にルビを振っています)■■■

44.ちょっとした魔女

 宿屋のお婆さんは、晴れやかな顔で朝ごはんを運んでいます。リリリは元気にお早うございます、と言って、お鍋をかき混ぜるお婆さんの横に立ちました。
「それじゃあ、もう帰るのかい?」
「はい」
「フックフックまで、かい?」
「いいえ、ユッポユッポでルルルを待たなきゃいけないから」
「ああ……、そうだったねえ」
 お婆さんは、ゆっくりとお鍋をかき混ぜています。
「ユッポユッポまで、あんたのロバだとどのくらいかかるかね?」
「さあ……」
 そういえば、リリリはそんなことを考えたことがありませんでした。プーレプーレからここまでは、あっという間だったのですから、無理もありませんね。お婆さんは手を止めて、リリリの顔を覗き込みます。
「一週間」
「え?」
「きっと、そのくらいはかかっちまうだろうねえ」
「そんなに、ですか?」
「あのロバの足じゃあなあ」
 お婆さんは窓の外をうかがうように、ちょっと背中を伸ばしました。本当は、リリリはルルルが働いているトッカトッカまで行きたかったのです。でも、トッカトッカはもっと遠いのですから、きっと、十日あっても着くことができないでしょう。
 
「泊まるところや、食べるものはどうする? お金は、たっぷり持っているのかい?」
 リリリは、お婆さんの言葉に愕然としました。そうです、ここまでくれば、リンガリンガおばばさまが見つかれば、何もかもがうまくいくなんて、勝手に思い込んでいたのです。エビネルさんから渡されたお金だって、そんなにたくさんではありませんでしたし。
「お金は……」
 リリリがついたため息に、お婆さんは優しい笑みを返しました。
「ケーリアはいないけど、他のちょっとした魔女だったら会わせることができるよ。きっと、あんたを無事に送り届ける方法を、見つけてくれるだろうからさあ」
 まあ、お婆さんはなんて優しいのでしょう。嬉しさが、リリリの顔いっぱいに溢れました。
 朝ごはんを終えると、お婆さんはマギーラという名の魔女の家にリリリを案内してくれたのでした。

 (本編に続く)

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら