読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 hoshimi12(星見拾弐)さん『キミはキメラ 白い檻 (StarGazer)』 《2016年07月21日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ hoshimi12(ほしみじゅうに)さん(@hoshimi12)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

人外の教え子との背徳的偏愛ラブストーリーを描いたビジュアル小説です。
シーンごとに挿画を入れ、「紙書籍ではやらないこと」を目指しました。
読了時間は3~4時間程度を想定(約15万字)。

人外少女や共依存といったテーマがお好きな方はぜひぜひどうぞ。

紹介ページはこちら http://hoshimi12.com/kimisiro/

キミはキメラ 白い檻 (StarGazer)

キミはキメラ 白い檻 (StarGazer)

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

人外の教え子との背徳的偏愛ラブストーリーを描いたビジュアル小説です。
シーンごとに挿画を入れ、「紙書籍ではやらないこと」を目指しました。
読了時間は3~4時間程度を想定(約15万字)。

シナリオ・イラスト制作 - hoshimi12(個人サークルStarGazer


■ ストーリー

キミとの出会いは、仕組まれた罠だった。
出会えてよかった――胸を張ってそう言えるだろうか。
僕はまだ悩んでいる。
キミとの出会いで、僕の人生の歯車は狂った。
キミのせいだとは思わない。キミのせいであるはずがない。

その手を離せば、元の生活に戻れるはずなのに。
キミのことを見ていると、どうしても手を離すことができない。
この想いは、同情心なのだろうか。
それともこの想いは――――



学校の教師になる夢を諦めた塾講師アルバイト――秋山義文(あきやまよしふみ)。
ある日の帰り道、「家庭教師として引き抜きたい」と、不審な女から誘われる。
その給与は破格であり、奨学金返済に苦しんでいた秋山は、家庭教師の仕事を受けることにした。
教えられた住所を頼りに辿り着いた場所は、「生命科学総合研究センター」という怪しげな研究所。
一室に案内され、秋山は少女ハマルと出会う。
やがて秋山は、ハマルに関する衝撃的な事実を知り、決断を迫られる。


■ キャラクター

<秋山義文(あきやまよしふみ)>
主人公の青年。
責任感と自制心が人一倍強く、ある種の重荷になっている。
学校の教師になる夢を持っていたが、「教育者」の堕落と、現場の苛烈さを見て熱意が失せてしまう。
夢を諦め別の仕事に就こうと考えている矢先、高給な「家庭教師」のアルバイトを紹介される。
案内された怪しげな施設「センター」でハマルと出会い、仕組まれた罠に落ちていく。
好きな飲み物はジンジャーエール


<ハマル>
ヒロイン。
「センター」で生み出された複合生物「キメラ」の少女。
秋山と出会うまで教育というものを受けてこなかった。
非常に勉強熱心で、めきめきと成長していき、知恵と知識を身につけていく。
「優良種」たる能力をいくつか持っている。
好きな飲み物はホットミルク。


<冬城夕子(ふゆしろゆうこ)>
マッドサイエンティストの女。
秋山をハマルの家庭教師として「センター」に招く。
「キメラ」という存在に全てを注いでいる。
最近小じわが増えてきた。
好きな飲み物はカプチーノ


<夏川清美(なつかわきよみ)>
秋山の中学時代の恩師。
今もたびたび人生相談にのってもらっている。
秋山が心を許して話せる数少ない人物。
最近お腹がだらしなくなってきた。
好きな飲み物はアイスコーヒー。


<春原理科雄(はるはらりかお)>
冬城夕子の「下僕」。
冬城夕子を絶対視している。
ハマルに関して、秋山に忠告を残す。
最近筋肉痛が二日目にやってくるようになった。
好きな飲み物は紅茶。


■ その他情報

視点・主人公の一人称視点
画数・差分や背景素材含め120ほど

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら