読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 伊藤なむあひさん『少年幻想譚 (隙間社電書)』 《2016年08月04日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 隙間社さん(@sukima_sha)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

今晩は、隙間社と申します。

この度、隙間社設立1周年記念企画として伊藤なむあひ著『少年幻想譚』の3日間限定無料キャンペーンを行います。

隙間社のことは知っていたけど手に取るまでは興味がなかったという方から、これまで隙間社の名前を知らなかったという方まで多くの方にこの本が届けばと思っています。

幻想的、実験的短編小説がよっつ収録されています。どうぞよろしくお願い致します!

少年幻想譚 (隙間社電書)

少年幻想譚 (隙間社電書)

価格250 円 → 0 円
期間2016年08月04日〜2016年08月06日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

突然消えてしまった友人を探しに、僕は『死体の町』に行くことになる。住んでいる人間全員が死んでいるというその町で、僕は死体のウェイトレスに一目惚れし、死体とバンドを組み、死体とドライブしているうちに友人のことなどすっかり忘れてしまっていた(死体の町へ。)

・昔々あるとこのに死にました
・みんなにんな死んでしまいました
・悲しいですね
(サンタン=デルゲの孤独小説群より)

おじさんは、夏が来るたび僕のところに来た。そして僕を地べたに座らせ、靴を脱がせ、靴下も脱がせ、そうして僕のことを『占って』くれた。悪い人、をテーマにして書かれた僕とおじさんの奇妙な青春小説。
(函館へ行くのにうってつけの日

あなたの名前は『どくしゃ』ですね
これでいいですか?
→はい
 いいえ
(『ヴィーギー・ランド』より)

幻想と奇想が入り混じる、少年をテーマに含んだ四つの物語を収録した短編集。

原稿用紙約130枚分

隙間社電書第三弾
著者:伊藤なむあひ
表紙絵:よしくに

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。