読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 松野栄司さん『咎人戦騎5: 第五話【拳闘】』 《2016年08月12日より》

KDP無料キャンペーン情報
[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 松野栄司さん(@todomaru21)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

【内容紹介】

古来より人の心の闇に付け込み、人を喰らう魔物が存在した。
魔物の名は魔徒。そして、魔徒を狩る騎士も又、存在した。
生きた鎧、戦騎を駆り、人々を護る騎士。
主人公・羅刹は生前に罪を犯し、咎人で在りながら騎士として魔徒を討つ定めを課せられていた。
だが、羅刹は魔徒を斬る事だけに捉われていて、人を護ろうとはしなかった。
まるで、抜き身の刀で在る。
在る時、一人の少女に出逢い、羅刹に僅かな変化が顕れる。

咎人戦騎5: 第五話【拳闘】

咎人戦騎5: 第五話【拳闘】

価格99 円 → 0 円
期間2016年08月12日〜2016年08月16日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

古来より人の心の闇に付け込み、人を喰らう魔物が存在した。
魔物の名は魔徒。そして、魔徒を狩る騎士も又、存在した。
生きた鎧、戦騎を駆り、人々を護る騎士。
主人公・羅刹は生前に罪を犯し、咎人で在りながら騎士として魔徒を討つ定めを課せられていた。
だが、羅刹は魔徒を斬る事だけに捉われていて、人を護ろうとはしなかった。
まるで、抜き身の刀で在る。
在る時、一人の少女に出逢い、羅刹に僅かな変化が顕れる。

第五話:【拳闘】
孤児として育った六(りく)は、全てを憎むかの様に生きて来た。
地元でも有名な不良で在ったが、愛する者とボクシングに出逢い大きく変わっていく。

以下、本文抜粋。

 そして、六年の月日が流れた。
 乾いたマットの上で、二人の男が殴り合っていた。
 一人は六。
 そして、もう一人は藤堂晃と言った。OPBF東洋太平洋チャンピオンで在った。
 此の試合に勝てば、六は約束通りチャンピオンに成れた。
 此の六年の間、六は文字通り死に物狂いでボクシングに打ち込んでいた。気が遠くなる様なトレーニングで、何度か血尿も出た。幾度となく、試合でパンチを貰い顔を腫らした。
 血反吐を吐き、痛みに耐え、数多の血と汗を流し続けた。其の結果、六は本当に強い男に成っていた。
 其れでも藤堂の強さに六は、追い詰められていた。
 六のボクシングは、相手から距離を取って、多彩なジャブと軽快なフットワークで相手を翻弄する物だった。所謂、アウトボクサーで在る。
 対して藤堂は、強引に距離を詰めて相手の懐に潜り込むインファイターで在った。
 近距離で掠める藤堂の剛腕が、六のボクシングスタイルを崩していた。
 丁寧に六を、コーナーへと追い詰める藤堂。張り付け状態と成る六。
 剛腕の雨が、嵐と成って六を襲う。唸る連続ブロー。辛うじて堪えてはいるが、撃沈されるのは時間の問題で在った。
 残り時間は、既に二十秒を切っていた。けれど今の六には、永遠よりも永く感じている事だろう。
 けれど、闘志は未だ尽きてはいなかった。
 気が付いた時には、藤堂の渾身の一撃を受けていた。捨て身の体勢から、全体重を乗せた藤堂の必殺のブローだった。幾人ものプロボクサーを、マットに沈めてきたブローで在った。
 事切れた様に、六は倒れていた。
 カウントを始めるレフェリー。
 意識を失いながら、六は温もりに包まれていた。志穂の軟らかな肌。温かな体温。
 ――嗚呼、温かい。志穂は、温かいなぁ。
 志穂の為ならば、何だって出来た。志穂が笑うならば、何にだって成れた。チャンピオンにだって成れる。そう、志穂の為ならば――

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。