KDP新刊情報 アヲイさん『無責任姉妹 4: 孤高少女の放心|奇譚・鮨とか博奕とか恋慕とか。【後篇】 (さくらノベルス)』 《2016年08月21日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ アヲイさん(@IrresponSister)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

無責任姉妹シリーズ最新刊&最終巻です。
前シリーズ同様のハチャメチャ学園コメディで、みなさまのご機嫌を伺います。
KDPほかKOBO、BOOKWALKERでもご覧いただけます。
どうぞたっぷりとお楽しみください。

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

「アイツのハートは原子炉だ。何かあったらここいら一帯はおしまいだ」(漆田琴香)

【作品概要】

動力をめぐって風雲急を告げる漆田姉妹の青春渡世。
シリーズ第4段は、いよいよ開催・スポーツ交歓会。

動き出した風奈の「珍魚捕獲作戦」。生徒会にしびれを切らした日下は強硬手段に出る。
琴香とトーデンは魔の手からハラコリキを守ろうとするが、事態は意外な展開に。
そして迎えたスポーツ交歓会。失意の琴香の前に再びあの男があらわれて……。

   *

造船部・識部長零はオタク部員を率いてドックを統率。
キャプテン風奈は湖底で不老不死の坊主を喰い損ねる。
平凡な女子高生を望む漆田琴香の日々は相場乱高下。
胴元教師日下ひなたは教育長と一攫千金を狙う。

「澄んでるのは濁ってもいいけど、濁ってるのは澄ましたらいけないの」(関丹)
てれすこの干物は『すてれんきょう』って言うんだよ」(立河)
「妹のアタシでも、アイツからそんなセリフを聞いたの、初めてだよ」(漆田風奈)

ある者は鮨のため、またある者は博奕のため、生徒が、職員が、様々な部活が入り乱れる、初夏の物語。
だいたいドタバタで、ときどきマニアック、ともするとシニカル。
だけど今回は、ちょっと淡くて切ない……?
全体的にとっ散らかってる社会派(?)学園コメディです。

★「奇譚・鮨とか博奕とか恋慕とか。」は二部構成です。
 この物語は「無責任姉妹(3)機械少年の憂鬱」の続きで、本巻で完結します。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら