電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 淡波亮作さん『乾いた四行のあいだ、湿った四行のあいだ、何でもない、何かが、』 《2016年08月21日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

昨年暮れから今年の春にかけて、淡波ログにて掲載しました詩をまとめた第二詩集です(季節外れです)。
新作は少なめですが、少々手直しも入れています。やはり、縦書きで、明朝体で、適度な行間で読める電子書籍はいいなあと思います。
お読みいただけるとたいへん嬉しいです!

乾いた四行のあいた?、湿った四行のあいた?、何て?もない、何かか?、

乾いた四行のあいた?、湿った四行のあいた?、何て?もない、何かか?、

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

難解さも分かりやすさも追い求めない。
ただ、感情の化学変化を少しだけ斜めから見て、どうしても書かずにいられない時、自分の中にある言葉を探して、探しに探して、あなたに届けるために書きました。
淡波ログに連載された詩を中心にまとめた第二詩集です。

・収録作品(23篇)
四行分の感情
風に叫ぶ
思い込みでいい
種たちは
六角のゆめ
冬の芽がほら
おもひで
空っぽだ
こわい
いつか
こんなかたちで
いやなやつなんて、いない
「わたしのこと、わかってほしい」
テーマだって?
詩篇をひとつ
こぶし
転がる石
間違ってる
夜の水たまり
がんばれ、アリよ
364日間
負け
青い命よ

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら