読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 幸田 玲さん『夏のかけら』 《2016年10月08日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 幸田 玲さん(@bestplanning)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

無料キャンペーンも後半に入りましたが、より多くの読者に読んで頂きたいと思っています。よろしくお願いします。

夏のかけら

夏のかけら

価格380 円 → 0 円
期間2016年10月08日〜2016年10月12日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

工務店に勤める石田達也は、二年前の夏に恋人の千尋を不慮の事故で失い、喪失感を味わう。
ある日達也は、親友の山中虎太郎から連絡を受け、見込客を紹介されることになった。
虎太郎の店『バー・エリック』で田所綾香を紹介され、達也は店舗リフォームの件で綾香と関係を持つことになる。喪失から再生への物語。

※本書は「月刊・群雛」二〇号から二五号に連載された作品の新装版です。
 表紙モデル: 根矢涼香

※小説『夏のかけら』イメージソングを、動画公開しています。
ボーカロイド:闇音レンリ ◆ボーカル:大貫りちゃ

※小説『夏のかけら』イメージソングの歌詞です。

真夏のひとときは
ヒグラシの愁いを誘う声が充たした
折り重なった白いかけらを
箸で摘まんでみる
すると かけらはくずれ落ちてしまう

白いかけらをいくら摘まんでみても 
掴み取ることはできない
かけらはくずれるだけだ
けれど 哀しくなるほど愛おしい

ヒグラシが鳴く季節に
記憶はめぐってくる
ふたりで描いた未来は
真夏の木漏れ日のように 輝いていたはずなのに
泪のしずくが ふたりの夢を砕いた
かけらはふるえる かけらはふるえる
貴女は 夏のかけらになった

白いかけらをいくら摘まんでみても 
掴み取ることはできない
かけらは離れるだけだ
けれど 切なくなるほど愛おしい  

ヒグラシが鳴く季節に
記憶はめぐってくる
ふたりで過ごした日々は
真夏の木漏れ日のように 輝いていたはずなのに
命のはかなさに ふたりの夢は砕かれた
かけらはふるえる かけらはふるえる
貴女は 夏のかけらになった

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。