読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 姉崎あきかさん『闇に走れば』 《2016年11月21日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 姉崎あきかさん(@akika_a)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

今冬(2016年12月)リリース予定の新刊『狼ゲーム』のプロモーションとして、既刊作品の「無料配布キャンペーン」を開始いたしました。
新作『狼ゲーム』につきましては以下の特設サイトをご覧いただければ幸いです。

狼ゲーム-ソリッドシチュエーション本格ミステリ-特設サイト 狼ハ、ダレダ。
http://okamigame.16mb.com/


これからも皆さまにご満足いただけるコンテンツを提供できますよう、努力してまいります。
今後ともよろしくお願い申しあげます。

闇に走れば

闇に走れば

価格124 円 → 0 円
期間2016年11月21日〜終了日未定

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

大学一年生の春。新入生歓迎会で矢神陽菜(ひな)は、幼馴染のいとこ、朝比奈琢人(たくと)と再会し、幼い頃の話をする。遠い親戚の〈男〉が陽菜の身体をいじりまわすという、暗い記憶である。琢人に好意を持つ渡里孔子(こうこ)が、〈男〉が殺された事件と陽菜達との関係を探ろうとしている。陽菜は関与を否定する。その夜、彼の部屋で陽菜は琢人と愛を交わす……。

夜の海。車にのった男女。途切れたガードレール。雨……。
そんな場面から物語ははじまります。

いとことの再会。恋敵の登場。脅迫。交錯する想い。
主人公たちは、十年前のある事件を起点として
逃れられない"運命"へとのみこまれていく……。

イッキ読み必至!
封印したはずの暗い<記憶>をめぐる、ノンストップ恋愛&ミステリ。
あなたは、必ずだまされる。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。