読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 姉崎あきかさん『魔女と双子のポリティクス(2)《最終巻》』 《2017年01月05日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 姉崎あきかさん(@akika_a)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

魔女の仮面。それは、もうひとりの私――。
チートなしハーレムなしの異世界ファンタジーですv バトルよりも生活系に惹かれるひとにオススメ。
どことなく、ミュージカルっぽい雰囲気があるかもしれません。
(2)が最終巻です。

魔女と双子のポリティクス(2)《最終巻》

魔女と双子のポリティクス(2)《最終巻》

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

魔女の仮面。
それは、もうひとりの私――。

”魔女のウワサ”が流れる国の
文化と政治を描く、異世界ファンタジー(ハイ・ファンタジー)。
最終巻。


(あらすじ)
貿易都市ミッドランドは、世界中の品々が集まる港町。西には滅びた王城が、北には防壁に囲まれた帝都が広がっている。

廃墟の王城をあとにしたカイルたちは、ミッドランドの広場で、あやしげな演説で聴衆をまどわす魔女カミラを目にする。シエラは魔女に向かって「姉さん」と呼びかけるが、カミラの姿は虚空にかき消えていった。

その夜、シエラは貧民街(※)で何者かにルビーを奪われてしまう。宝石を取りもどすため、一行は「闇ギルド」(※)に協力をあおぐ……。

※ 貧民街:ミッドランド北東部にあるスラム地区。帝都の貴族屋敷の目と鼻の先に位置し、搾取を受けている。

※ 闇ギルド:ミッドランドの地下空間に広がる、闇市(ブラックマーケット)。あらゆる珍品、盗品が好き勝手な値段をつけて売られている。ひとりの天才少年がギルド内に店を構えているらしいが……。


(もくじ)
5.追憶の廃墟――タラティア城跡
6.狂信者の港町――ミッドランド
7.帝都コルバード
インタルード~少女の記憶Ⅳ
8.悲しみに浮かぶ城
9.壊れゆく絆
10.砕かれた誓い
11.心の城壁
エピローグ~まなざしの満月

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら