電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 尾川 漱間さん『真夏の北海道旅行』 《2017年01月29日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 尾川漱間さん(@ogawa_soken)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

初めまして、この世界に入ったばかりの新参者、尾川漱間です。

このたび、『真夏の北海道旅行』の無料キャンペーンを実施させて頂きます。

本書は随筆(エッセイ)としてありますが、体裁は小説の形を取っておりますので、小説として読むことも可能です。

よろしければ、一読して頂けると幸いです。

真夏の北海道旅行

真夏の北海道旅行

価格100 円 → 0 円
期間2017年01月29日〜2017年01月31日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

【あらすじ】
「そういう意味づけに流されていくのも好きだけど、たまには自分で意味づけしてみるのも悪くは無い。 無意味だから何もしてはいけないなんて謂(い)われや理屈など存在しない。元々が全て無意味なんだから、無意味だと切りすてることもまた、無意味である。
 そう言うわけで、なんの目的も無いけれど旅行をしてみようと思う」

 どうでもいい理屈から、どうでもいい理由を付けて、観光名所も慰安もしないという、無意味な旅行計画を立てた『私』は、二人旅をするという目的だけを持って、女友達の『夏子』と北海道へ向かった。

 しかし、彼女は普通に観光名所を巡りたいと言うから、途中から観光名所をめぐる彼女のあとを付いていく、という目的で旅行をするようになる。

 本書は、そんないい加減な人間の旅行記録であり、いい加減な思索や哲学を含めた随筆録である。 

【注意】
※ 旅行に行った時期が昔なため、現在とは異なった状況、状態になっている可能性があります。

※ 行った場所は事実であり、会話の内容も出来るだけ思いだして書いておりますが、それらを元に、会話その他の部分に創作要素を含めてもいます。

※ 本作は随筆のつもりで書きましたが、小説と言われても仕方が無い体裁になっています。あらかじめ、ご了承ください。

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。