読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 桧原日新さん『魔法使い、遣魔遣い! orange1 PMオレンジ』 《2017年02月12日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 桧原日新さん(@hibaranisshin)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

こんにちは、桧原日新と申します。お久しぶりです。
このたび、新シリーズ『魔法使い、遣魔遣い!』をリリースしたいと思います。
定期的に書きたくなる魔法少女モノをようやくまとめることができました。
分冊でちょ

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

 檜原真暁の見る夢は、いつも、灰色だった——。

 他人を操り人形のように扱う技術を継承する者達がいる。その技術は広く世に喧伝されていない秘中の技だった。
 真暁はその集団の末席として、その『技術』の枝を紡ぐ、言わば証人。
 ——ただ、真暁本人は、自身の苦境を救うことがなかったその技術を忌避していた。
 小さなサーカス一座に所属する真暁は、日々を流されるままに生きていた。
 それは小さな白と黒の世界と言っていい。
 何かを変えるために、積極的にはなれなかった。どんなに努力をしても、夢と同様に、この現実世界が着色されることはない。
 彼は白と黒の世界を甘受していたのだ。彼は諦めた人間だった。

 僕の見る全てのものに、色が着くことは、ないだろう——。
 いつも呟く独り言。
「……そう、世界を一瞬で染め上げる、そんな奇跡でもないかぎりは」
 新しい道が向かう方向はやはりモノクロの世界なのだろうか。
 無気力のままに新しい通学路を歩く。


 そして真暁は、何者にも染められない一人の少女と出会った。

これは『自ら否定する不思議な力を持ちながら現実に生きようとする少年と現実を生きながら魔法の力を信じる少女の物語』————。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら