読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP無料キャンペーン情報 八槻翔さん『魔女の大暗号 (N-angou文庫)』 《2017年04月29日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 南郷さん(@Nango1111 )から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

N-angou文庫の四作目「魔女の大暗号」が4月28日(金)に発売となりました。
「オカルトトリック」「天空城殺人事件」の著者の八槻翔の三作目になります。

古典暗号を題材にした架空の世界で起こる暗号暗躍劇。四章からなる長

魔女の大暗号 (N-angou文庫)

魔女の大暗号 (N-angou文庫)

価格360 円 → 0 円
期間2017年04月29日〜終了日未定

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

「魔女の大暗号」(N-angou文庫)
 360円  2017/04/28 (金)発売


※発売後すぐに無料キャンペーンを申請します。ご注意ください。また本作の発売を記念して、既存作の無料キャンペーンを行なっております。


【作品詳細】

暗号解読局=ブラックチェンバーの魔女エンリケーテの許に、皇帝の近衛であった鬼助が護衛として派遣される。エンリケーテはその高すぎる暗号解読力のせいで、あらゆる組織から命を狙われていた。

数々の暗号文書を解き明かして、敵の策謀を阻止するブラックチェンバー。鬼助が訪れてから、ブラックチェンバー創設以来、最大のピンチが訪れる。

鬼は運命に抗えるのか。
魔女は運命を変えられるのか。

この物語は、架空の国シャリエッテ帝国で巻き起こる、暗号暗躍劇。
エンリケーテと鬼助の物語である。



まずはサンプルから。


Nーanogu文庫公式サイト。
http://n-angoubunnko.squares.net/

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。