電書ちゃんねるプラス

電子書籍のトピックをコンパクトなサイズで毎日お届け。サクッと読んで事情通!

KDP新刊情報 あいあおいさん『創作系ゴーストライターのつくりかた』 《2017年04月30日より》

[PR]
[Ads by でんでんアドネット]

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ あいあおいさん(@sakura_bunken)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

単身フリーランス・創作系ゴーストライターの、悲喜こもごも半生記です。人生を振り返り、どうやってそんな仕事に就くことになったのかを、ややくだけた感じで綴りました。力を抜いて気楽に読んでいただければ幸いです。

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

※ 本書は、断っておきますが【自伝>ビジネス書】です。
単身のフリーランスで、創作系ゴーストライティングを生業とする著者の半生回顧録。
自身の創作史を通して、一人のフリー・ゴーストが生まれた軌跡と、その職業観を語ります。

<本書構成>

◆[自伝]極私的・創作系ゴーストライターのつくりかた
世の中にどれだけいるか分からない創作系ゴーストライター。当事者がほとばしる自意識で綴る自伝的職業論。

・幼少のみぎり * 与えられなかったので作る
・青春のさかえ * 好奇心を統合し、文芸同人を結成
・社会へ * 好きを譲らない偏屈者
・いざ独立 * いろんな意味で独りになる

◆[付録]フリーゴーストの仕事術
営業・提案・構成・実制作――。ほそぼそとビジネスを続ける上で気付いたアレコレを、さみだれ式に。

・営業~WEBサイト様様(サマサマ)の展開論
・提案力~できることは、なんですか?
・構成・制作~内容にもビジネスにも抜かりなく
・その他~どうりで誰もやらない商売

<抜粋>

「(フリーランスの創作系ゴーストライターって)お前、それ、一体どうやって就く仕事なのよ?」
 本書はその疑問に答え、私がいかにして創作系ゴーストライターになったか、自分の人生や職業を解剖して帰納的に解明していこうという目論見で執筆された。結論から理由を求めていくという、最も恣意的で、遊興的で、歪曲必至の手法であり、最終的に自画自賛に陥ることは、ほぼ間違いないだろう……(「はじめに」より)

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら