インディーズ作家のための広告サーバーってどうかしら?

最終更新日 2015/05/22 広告の規約を一部変更

こうやってまたプロモーションの話すると嫌な顔する人がいるのはわかってるんだけど、ちょっと聞いてちょうだい。インディーズ作家さんたちの間で、定期的に電書の広告を出したいって話が出てくるわよね。でも「どうしたらいいのかわからない」「お金もない」って話もセットで付いてくる。

去年、忌川タツヤさんがこんなツイートしてたの知ってるかしら。

面白いこと考えるわよね。面白いけど人気ブロガーさんへの依頼やお金のやりとりはあたしは正直億劫。でも広告サーバーだけなら用意してあげる。てゆうか用意した。まだいまいち使い方をよくわかってないんだけどね。

今、この記事の上部には、でんでんコンバーターの素人っぽいバナー広告が表示されてるわよね。(あとでPR表記入れるわ)↓これの半分のサイズのやつ。

f:id:denshochan:20150515190354p:plain

これはウチの広告サーバーを使って表示してるの。サーバーに名前がないのも寂しいから「でんでんアドネット」と呼ぶわね。今のところ広告はこれだけなんだけど、もちろんあなたの本を宣伝してあげることもできるわ。それからあなたが自分のウェブサイトにコードを貼ってくれるなら、そこに広告を配信することもできる。みんなの本をみんなでプロモーションして遊んでみない? 広告代理店ごっこ。

そんなわけで、あたしのサーバーに広告を出してみたい人(クライアント)を募集中。配信先は「電書ちゃんねるプラス」と「電書ちゃんねる」の記事ページ。正直PVはショボイわ。

  • 今のところ用意できる広告サイズは、320x50のモバイルビッグバナーだけ。2倍の640x100の画像で入稿してね。そのうちテキスト広告もやる予定。
  • 表示される広告は完全にランダム。クリック保証とか細かい制御もできるんだけど、まずはお手軽にやりたいの。
  • 電子書籍およびそれに関連する人、団体、製品、サービスの広告のみ受け付けるわ。
  • 配信するのは依頼のあった広告のみ。Google AdSense等の広告を代わりに配信したりはしない。
  • コンテンツ並びに広告で次に該当するものは不可
    • R18
    • 著しく暴力的なもの
    • 著しくグロテスクなもの
    • ヘイトスピーチを含むもの
    • あたしが「ないわ〜(主観)」と思ったもの
  • 必要なものは以下
    1. あなたの名前(変名可)
    2. メールアドレス
    3. 表示する画像 640x100 1枚 (jpg/gif/png) アニメgif不可
    4. 画像が表示できない環境のための代替テキスト(5/18追記)
    5. リンク先ページのURL
  • 試験運用期間として2015年7月いっぱいまでやる予定。無料。それ以降はわからない。止めちゃうかもしれないし、運営費として少額の見返りをお願いするかもしれない。
  • 広告が集まってきたら、配信先になってくれる人(パートナー)も募集したいわね。でもまだ未定。
  • お問い合わせは、あたしかあたしの下僕にメールしてね。