KDP無料キャンペーン情報 淡波亮作さん『孤独の王』 《2017年07月01日より》

KDPセール&無料キャンペーン

やっほー☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から無料キャンペーンのお知らせが届いてるわよ。

新作ナンセンス小説『ナンセンスちゃんがやって来たよ!』の出版を記念して、大無料キャンペーンを決行です。
『孤独の王』のほかにもあの作品が、そしてまたあの作品が、7月5日まで無料になっています。
積読作品があるあなた、今すぐストアでチェックだっ!

孤独の王

孤独の王

価格850 円 → 0 円
期間2017年07月01日〜2017年07月05日

ここに書かれた期間はあくまでも目安だと思って。ストアの都合で予定よりも前後することがあるから注意してね。

それじゃこの本がどんな内容なのか見てみましょうか。

紙の本を想定した長さ:約730ページ
(38文字×19行の文庫本サイズでレイアウトした場合。紙の本はございません。)
〈本書は合冊版です。三部構成の分冊版と内容は同じものとなります〉

西暦千八百年代前半、何者かによって発掘された未知の古代文明があった。本書は、知られざる古代ティオル王国の盛衰を辿る実話仕立ての歴史書であり、冒険ファンタジーにして大長編の悲劇物語である。

〜ストーリー〜
紀元前数百年頃、ティオル王国民は独裁者グロウノル王による悪政にあえいでいた。グロウノル王の治世が三十年を超える頃、美しき一人娘ジュノレア姫は父の真実を知り、国を正しき姿に導くために王と袂を分かつこととなる。
一年後、辺境の漁村ミーゼラでは、謎の地震とともにセニーロ少年が突然の熱病に取りつかれ、不思議な老人ローティーが営む癒所(いしょ)に運び込まれる。セニーロ少年は熱に浮かされた眠りの中で、夢を見た。それは、ミーゼラから遠く離れた王宮で、王の徴(しるし)である腕環を授けられる夢であった。そしてその腕環をセニーロに授けたのは、セニーロの隣の寝台で呪われた眠りにつくジュノレア姫その人であった。
いつの日にかグロウノル王を退けてジュノレア姫を助け、美しいティオル王国に平穏の日々を取り戻すため、セニーロは旅に出た。
腕環に込められた霊力が発現するとき、セニーロの身に何が起こったのか。眠り続けるジュノレア姫の運命は、そしてティオル王国の行く手には何が待っているのか?
千年におよぶティオル王国の歴史…。その最後の数十年を辿る美しくも哀しい大冒険が、今、始まる。

平成26年9月28日 改訂三版発行>

さあ、気になる人は見逃さずチェックしてね! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


セールと無料キャンペーンの告知は、こちらのページから随時受け付けているわ。登録方法をよく読んでね。

KDP新刊情報 淡波亮作さん『ナンセンスちゃんがやって来たよ!』 《2017年06月29日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 淡波亮作さん(@RyoAwa)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

ナンセンス系ユーモア短編作品集、出たよ!
世界に散らばる南京錠を閉め歩く「閉め閉め団」と「開けゴマ団」の熾烈な戦い(嘘)を描く『南京錠の夜と昼』、ボタン掛けが大人気スポーツとなった世界の美少女人気カケラー牡丹野舞ちゃんの活躍を描く『ボタン王』など、四本のくすくす笑える短編集です。

ナンセンスちゃんがやって来たよ!

ナンセンスちゃんがやって来たよ!

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

初のナンセンス系ユーモア短編作品集、登場です。

・収録作品(掲載順)

『南京錠の夜と昼』
 ──ある飲み過ぎた夜、俺は、犬のフンのようにあちこちに落ちている色とりどりの南京錠を見つけた。どいつもこいつも開いていて、まるで「拾って閉めてくれ」と言わんばかりだった。
 俺はちょっとばかりデザインが気に入った南京錠のひとつを拾い上げ、視線の向こうにあった開けっ放しの門扉を、きっちりと……閉めた。
 そして──。

『ボタン王』
〈夢はボタン王。私はなる、ゼッタイ!〉
スポーツとしてのボタン掛けがこれほどの注目を浴びるようになったのは、ここわずか八ヶ月ほどのことに過ぎない。マイナースポーツ史を紐解くまでもなく、この痛快で高度なスポーツの発祥が明治維新にまで遡ることは説明の必要もないだろう──。
今人気の美少女カケラー、牡丹野舞(ぼたんのまい)ちゃんの努力と根性に溢れた大活躍を描く、スポーツ・ナンセンス巨篇!

『ペーパー狂時代』
「ねえタケオ、誰でも教祖になれるって、本当なんだね」
藪から棒にお袋が言った。
お袋が世界平和を願うあまり立ち上げたのは、なんとトイレットペーパーをご本尊とする新興宗教だった。
そして俺の人生の歯車は、お袋と共に狂っていく──。

『定刻の逆襲』
ダジャレの効用を半ば忘れ去ったこの国。実は、それは昔銀河帝国が掛けた恐ろしい呪いによるものであった。
あるとき田中がふと口にしたロクでもないダジャレが、偶然にもついにその呪いを解くこととなった。
解放された精神が自由を謳歌する時、世界は変わる──。

淡波亮作の新しい世界を、ぜひご堪能下さいませ!

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら

KDP新刊情報 片倉青一さん『遊星ジャーナル02『マーガリンとライ麦パン宣言』 (青聿書房)』 《2017年06月30日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 片倉青一さん(@KanbaraKasa)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

二〇世紀懐古型スラップスティックSF、ようやくシリーズ化と胸を張って言えるようになりました。
今回は特に猫が重要なガジェットです。
是非、ドタバタ・ユーモア・皮肉をたっぷり詰め込んだSFをお楽しみください。

三話も鋭意制作中です。

公式サイトでは試し読みもできます。
http://planets-journal.info/

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

猫のチャコと女子大生のリンおよびネーレが赴いた先は、なんと地球に攻め入らんとする宇宙戦艦一万隻からなる大艦隊の旗艦、そのトイレだった。最高の娯楽である恒星間戦争なぞ起こされてはたまらない。遊星ジャーナルが売れなくなる。平和のためではなく私利私欲のために何としても恒星間戦争を阻止してやると息巻くリンと、彼女に仕方なく付き合うネーレとチャコが見たものは、『猫とバターパン炉』だった。

二〇世紀懐古型スラップスティックSF、続きました。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら

KDP新刊情報 如月恭介(@KyouskeKisaragi)さん『日はまた昇る 君の心に』 《2017年06月30日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 如月恭介さん(@KyouskeKisaragi)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

久しぶりの新作になります。小生初の経済小説です。どうぞよろしくお願いいたします。

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

 粉飾決算、横領、脱税、法令違反―― 世間を騒がす企業不祥事の数々。しかし皆の目にする報道はおよそ事実とはかけ離れた虚像にしか過ぎない。
 ニュース等では語られない生々しい経済の実態。
 利益至上主義を正当化するための現代資本主義、それを構築し維持する資産家や権力者、あるいは既得権益者たち。遠心分離機にかけたように富は二極化し、道義や誠意は、拝金主義の下に蔑ろにされる。
 本作品は、架空の経済小説である。と同時に、経済・社会の矛盾に焦点を当て、その矛盾に果敢に立ち向かう人たちの熱い姿を描いた、人間ドラマでもある。

※ 書下ろし初公開
※ ページ数:約340ページ(40字 x 16行の文庫本換算)

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら

KDP新刊情報 本郷功之介さん『ラプラスの悪魔 (KDPランキング出版)』 《2017年06月21日より》

KDP新刊情報

ちゅうもーく☆ 本郷功之介さん(@kohnosuke)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

やっべこりゃパネエぜ。おれの新刊がついに出た。KDP界隈への最終戦かます気か?2ちゃんねるが荒れる!!

[asin:B073378P98:detail]

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

決定論と、自由意志の狭間で、日常のほんの些細な亀裂からカオスの物語が溢れ出す。
科学、哲学、宗教学、歴史、そして宇宙論、散りばめられたテーマの中で、
彼等はどのような未来へと自らの舵を切るのだろうか。

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら

KWL新刊情報 因幡雄介さんほか『神様の成り損ね〈上〉』 《2017年06月07日より》

KWL新刊情報

ちゅうもーく☆ 因幡雄介さん(@inaba2016)から新刊のお知らせが届いてるわよ。

 新作のライトノベルが完成しました。

【作品情報】
http://inaba20170119.hatenadiary.jp/entry/believeinGod1

 kindle楽天koboBOOK☆WALKERで発売中です。
 今回は《アクション・パニック》です。
神様の成り損ね〈上〉

神様の成り損ね〈上〉

ふむふむ。いったいどんな内容の本なのかしら。

●神様の成り損ね〈上〉  〈あらすじ〉   超高層巨大建築物バベルの最上階で、シユウは目をさました。壁には『下におりるな』という文字。記憶を失い何かわからないでいると、突然女子生徒の悲鳴が上がった。  あったのは異形の者の死体。外は白い霧。いたのは異様なモノ。  絶望からの脱出が始まる。 〈著者〉  因幡雄介(いなば ゆうすけ)  第一種冷凍機械責任者をやりながら、ぼちぼち物書きやってます。受賞はいくつか。ダークネタを愛する人。  〈イラスト〉  ホウホケキヨ カラー表紙1枚  挿絵1枚 

どう? 気になった人は見逃さずチェックよ! この本が素敵な読者さんに恵まれますように。


新刊の告知はこちらのページから随時受け付けているわよ。登録方法をよく読んでね。セールと無料キャンペーンの告知は、こちら